コメントを許可する・許可しないの設定をする

この記事は最終更新日から153日経過しています。

前回のレッスンコメントを削除する

WordPressでは、投稿や固定ページにコメントを許可するかどうかの設定ができます。

コメントを許可することで、サイトの訪問者と積極的にコミュニケーションを図れるといったメリットがあります。

一方で、一般サイトの運営やスパムコメントの投稿を避けるために、コメントを受け付けない設定に変更することもできます。

また、WordPressでは記事ごとにコメントを許可する・許可しないの設定することもでき、その場合には記事ごとの許可設定が優先されます

この記事では、記事にコメントを許可するかどうかの設定方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク




コメントを許可する・許可しないの設定をする

WordPress全体でコメントを許可する・許可しないの設定をおこないます

管理画面の設定ディスカッションをクリックします。

ディスカッション設定 画面が表示されます。

初期の設定では「新しい投稿へのコメントを許可する」にチェックが入り、コメントを受け付ける設定になっています

コメントを許可しない場合には、 新しい投稿へのコメントを許可するのチェックをはずします。

画面下の変更を保存ボタンをクリックして、変更を保存しましょう。

チェックをはずすことで、設定を変更した後の記事にはコメントを投稿できなくなります。

コメントの許可設定にともなう表示の確認

コメントを許可する・許可しないの設定では、新しい記事へのコメントを許可するかどうかを設定しています。

そのため、変更した設定は新しい記事にのみ反映されます

設定を変更する以前の記事に対しては、以前の設定が適用されたままとなります

たとえば、記事を作成するごとに設定を変更して確認してみましょう。

次のように設定を変更して記事を作成してみます。

  1. コメントを許可して1記事目を作成する
  2. コメントを許可しない設定にして2記事目を作成する
  3. コメントを許可して3記事目を作成する
  4. コメントを許可しない設定にして4記事目を作成する

4記事目を作成した時点での、各記事のコメント欄は次のように表示されます。

▲ 1記事目の表示
▲ 2記事目の表示
▲ 3記事目の表示
▲ 4記事目の表示

最後の「コメントを許可しない」設定が、すべての記事に適用されているわけではないことがわかりますね。

このように、コメントを許可する・許可しないの設定は、設定を変更した後の新しい記事にのみ適用され、それ以前の古い記事には適用されません。

個別の記事でコメントを許可する・許可しないの設定をする

コメントは、個別の記事ごとに許可設定をすることができます。

個別の記事の設定は、先ほどの「ディスカッション」画面での設定に優先して適用されます

はじめに、記事の追加・編集画面でコメントの許可設定をする項目を表示しましょう。

新規投稿の追加 または 投稿の編集 画面を開きます。

image

固定ページでコメントの許可設定をおこなう場合には、「新規固定ページを追加」または「固定ページを編集」画面を開きましょう。

画面右上の表示オプション▼をクリックします。

記事の設定項目を表示する ボックス 画面が開きます。

ボックス 内のディスカッションにチェックを入れます。

再度表示オプション▲をクリックして、ボックス画面を閉じます。

本文入力欄の下に、ディスカッション 項目が表示されていることを確認しましょう。

ディスカッション 項目は初めの状態では、ディスカッション画面での許可設定が反映されています。

ディスカッションの設定でコメントを許可する設定にしていればチェックが入り、許可しない設定にしている場合にはチェックがはずれています。

ここでは、コメントを許可しない設定が全体設定として適用されています。

個別にコメントを許可するために、コメントの投稿を許可にチェックを入れます。

設定の変更はすでに反映されていますが、記事の公開または更新も忘れずにおこないましょう。

個別の記事に、コメント入力欄が表示されていることを確認しておきましょう。

ログインしたユーザーのみコメントを許可する

コメントは、ログインしたユーザーにのみ許可することもできます。

会員制サイトを運営する場合などに、「ログインしている会員のみコメントできるようにする」といった使い方ができます。

管理画面で ディスカッション設定 画面を開きます。

新しい投稿へのコメントを許可するにチェックが入っていることを確認します。チェックが入っていない場合にはチェックしましょう。

image

ここではコメントを許可せずに、個別の記事で許可していただいても問題ありません。

ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにするにチェックを入れます。

画面下の変更を保存ボタンをクリックします。

WordPressにログインした状態で記事を表示して、コメント入力欄が表示されることを確認しましょう。

ログインをしていない状態では、コメント欄に「コメントを投稿するにはログインしてください。」と表示されています。

一定日数以上前のコメントフォームを閉じる

ディスカッションの設定では、一定日数以上前に公開された記事にはコメントを許可しない設定ができます

たとえば、1ヵ月以上前の記事に対してコメントを受け付けない設定をした場合には、1ヵ月より以前に公開された記事のコメント入力欄が表示されなくなります。

設定方法を見ていきましょう。

管理画面で ディスカッション設定 画面を開きます。

◯◯日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じるの入力欄に日数を入力し、チェックボックスにチェックを入れます。

画面下の変更を保存ボタンをクリックします。

サイトで指定日数以上前の記事を表示して、コメント入力欄が閉じられていることを確認しましょう。

▲ 設定前の表示

▲ 設定後の表示

次のレッスンへコメントを承認制にする

「WordPress初心者入門」のトップへ

WordPressの基礎を体系的に学びたい方のために

WordPressの基礎を体系的に学習したい方向けの著書が発売になります。

本書の手順に沿ってサイトを作成していただくだけで、WordPressの操作方法やサイト作成の基礎を学べる構成になっています。

これからWordPressでサイト作成を始めようと考えているけど、何から始めれば良いか迷っている。

本書はそんな方のための一冊です。

ぜひお手にとってご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク