画像に代替テキストを追加する

この記事は最終更新日から6日経過しています。

前回のレッスン画像にキャプションを付ける

記事に挿入する画像には「代替テキスト」を追加することができます。

代替テキストとは、何らかの原因でブラウザが画像を読み込めない時に画像の代わりに表示されるテキストです。その他にも検索エンジンに画像の内容を伝えるといった役割もあります。

▲ 代替テキストがある時には代替テキストが表示されます
▲ 代替テキストがない時には何も表示されません

この記事では、代替テキストを追加した画像を記事に挿入する方法や、代替テキストの編集方法をご紹介します。

スポンサーリンク




代替テキストを追加して画像を挿入する

画像に代替テキストを追加して、記事に挿入します。

画像を挿入したい位置にカーソルを合わせます。

メディアを追加ボタンをクリックします。

メディアを追加 画面が表示されます。

メディアライブラリをクリックします。

記事に挿入したい画像を選択します。

添付ファイルの詳細代替テキストに画像の内容をあらわすテキストを入力します。

投稿に挿入をクリックします。

画像が挿入されたことを確認します。

テキストエディタから代替テキストが設定されていることを確認しましょう。

テキストタブをクリックします。

<img ~ />

で囲まれた文字列があります。

文字列の中にalt=”代替テキスト”という表示があれば、代替テキストが正しく設定されています。

画像の代替テキストを編集する

記事に挿入した画像の代替テキストを編集します。

ビジュアルエディタで、代替テキストを編集したい画像をクリックします。

画像の上に編集ツールが表示されます。

編集ツールの(編集)をクリックします。

画像詳細 画面が表示されます。

代替テキストを編集します。

更新ボタンをクリックします。

テキストエディタから、代替テキストが設定されていることを確認します。

テキストタブをクリックします。

<img ~ />

で囲まれた文字列の中に、alt=”変更した代替テキスト”の表示があれば、代替テキストが正しく設定されています。

次のレッスン画像の配置を指定する

WordPressの基礎を体系的に学びたい方のために

WordPressの基礎を体系的に学習したい方向けの著書が発売になります。

本書の手順に沿ってサイトを作成していただくだけで、WordPressの操作方法やサイト作成の基礎を学べる構成になっています。

これからWordPressでサイト作成を始めようと考えているけど、何から始めれば良いか迷っている。

本書はそんな方のための一冊です。

ぜひお手にとってご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク