記事にパスワードを設定する

この記事は最終更新日から8日経過しています。

前回のレッスン記事を非公開にする

WordPressでは記事にパスワードを設定することができます。

会員制サイトなどを運営する時に、「パスワードを知っている会員のみが記事を閲覧できるようにする」といった使い方ができます。

記事にパスワードを設定する方法は、「投稿」も「固定ページ」も同じです。

この記事では、「投稿」記事にパスワードを設定する方法をご紹介します。

image

固定ページにパスワードを設定する時には、「投稿」の記述を「固定ページ」へ置き換えてご覧ください。

スポンサーリンク




記事にパスワードを設定する

投稿 画面で、パスワードを設定したい記事にカーソルを合わせます。

編集をクリックします。

投稿の編集 画面が表示されます。

タイトル入力欄の右にある 公開 から設定をおこないます。

公開状態 の右にある編集をクリックします。

image

公開状態は、非公開の時でもパスワードの設定は問題なくできます。

公開状態を選択する項目が表示されます。

パスワード保護を選択します。

② パスワードを入力します。

OKボタンをクリックします。

公開状態 が「パスワードで保護されています」に変わります。

更新ボタンをクリックします。

投稿を更新しました。 と表示されます。

投稿を表示をクリックします。

記事タイトルの先頭に「保護中:」と表示されていることを確認します。

記事の本文はパスワードで保護されているため閲覧できなくなっています

実際にパスワードを入力して記事を閲覧できることを確認しましょう。

パスワード を入力します。

確定ボタンをクリックします。

保護中:」と表示されたまま、記事の本文が表示されることを確認します。

記事のパスワードを解除する

記事に設定したパスワードを解除します。

投稿 画面で、パスワードを解除したい記事にカーソルを合わせます。

編集をクリックします。

公開 の「公開状態: パスワード保護」の右にある編集をクリックします。

公開状態を選択する項目が表示されます。

公開を選択します。

OKボタンをクリックします。

公開状態 が「パスワード保護」から「公開」に変わります。

更新ボタンをクリックします。

投稿を更新しました。 と表示されます。

投稿を表示をクリックします。

記事タイトルの先頭から「保護中:」の表示が消え、パスワードが解除されていることを確認しましょう。

次のレッスン記事を予約投稿する

WordPressの基礎を体系的に学びたい方のために

WordPressの基礎を体系的に学習したい方向けの著書が発売になります。

本書の手順に沿ってサイトを作成していただくだけで、WordPressの操作方法やサイト作成の基礎を学べる構成になっています。

これからWordPressでサイト作成を始めようと考えているけど、何から始めれば良いか迷っている。

本書はそんな方のための一冊です。

ぜひお手にとってご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク