初期カテゴリーを変更する

前回のレッスン親カテゴリーを設定して子カテゴリーを作成する

WordPressのカテゴリーには、初期カテゴリーの「未分類」カテゴリーがあります。

この未分類カテゴリーは編集することはできますが、設定を変更しない限り削除できなくなっています

そのため、「未分類」カテゴリーには「削除」メニューも表示されません。

▲ 通常のカテゴリーには「削除」が表示される

▲ 「未分類」カテゴリーには「削除」が表示されない

未分類カテゴリーを初期カテゴリーとしてそのまま使用することもできますが、不要な場合には変更しておきましょう。

「未分類」カテゴリーを変更する方法として、次の2つの方法があります。

この記事では、初期カテゴリーを変更する2つの方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク




初期カテゴリーが自動で設定される場合

はじめに、初期カテゴリーの動きについて確認しておきましょう。

記事にカテゴリーを設定する」でも触れましたが、WordPressでは、記事の作成時に任意のカテゴリーを設定しない場合には初期カテゴリーの「未分類」が自動で選択されます。

記事に「未分類」カテゴリーが設定されていることを確認できます。

この、自動で設定される初期カテゴリーを別のカテゴリーへ変更しましょう。

①「未分類」カテゴリーの名前を変更する

「未分類」カテゴリーの名前を変更して、初期カテゴリーの設定はそのままに別のカテゴリーとしてあつかいます

管理画面の投稿カテゴリーをクリックします。

カテゴリー 画面が表示されます。

画面右のカテゴリー一覧で、初期カテゴリーの「未分類」カテゴリーにカーソルを合わせます。

カーソルを合わせると、カテゴリー名の下に操作メニューが表示されます。

編集をクリックします。

カテゴリーの編集 画面が表示されます。

カテゴリーの名前スラッグに「未分類」と表示されていることを確認しましょう。

名前スラッグをそれぞれ変更します。

画面下部の更新ボタンをクリックします。

カテゴリーを更新しました。 と表示されます。

← カテゴリーに戻るをクリックします。

カテゴリー 画面のカテゴリー一覧で「未分類」カテゴリーのカテゴリー名が変更されていることを確認します。

新規投稿の追加」や「投稿の編集」画面でもカテゴリー名が変更されていることを確認しましょう。

カテゴリーを設定せずに記事を更新すると、名前を変更した初期カテゴリーが自動で設定されることを確認できます。

② 初期カテゴリーを別のカテゴリーへ変更する

初期カテゴリーを「未分類」カテゴリーから別のカテゴリーへ変更します

初期カテゴリーを「未分類」以外に設定することで、記事の更新時などにカテゴリーが選択されていない場合は、設定した初期カテゴリーが自動で設定されます。

管理画面の設定投稿設定をクリックします。

投稿設定 画面が表示されます。

投稿用カテゴリーの初期設定で、初期カテゴリーに設定したいカテゴリーを選択します。

画面下の変更を保存ボタンをクリックします。

カテゴリーを選択しない状態で記事を更新した場合に、変更した初期カテゴリーが記事に自動で設定されることを確認しましょう。

初期カテゴリーは、カテゴリーメニューからも確認できます。

カテゴリー 画面のカテゴリー一覧で、「未分類」カテゴリーに「削除」メニューが表示されるようになりました。

新たに初期カテゴリーに設定したカテゴリーには、削除メニューが表示されなくなっていることがわかりますね。

以降は、記事にカテゴリーを設定しない場合には、変更した初期カテゴリーが自動的に設定されることになります。

次のレッスンへ記事のタグを作成する

「WordPress初心者入門」のトップへ

調べても答えが分からない場合にはQ&Aサイト活用がおすすめです

ご自分で調べても答えが出てこない時には、Q&Aサイトを活用しましょう。

WordPressに関する質問でおすすめのQ&Aサイトはteratailです。

teratailはプログラミングに特化していますので、WordPressで難易度の高いカスタマイズに関する質問もしやすく、一般のQ&Aサイトよりも正確な回答が得やすいという特徴があります。

無料で利用ができますので、行き詰まってしまった時には利用いただいても良いでしょう。
エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク