WordPress.comを利用して無料でWordPressサイトを作成する方法

WordPressにはWordPress.orgWordPress.comの2種類のサービスが存在します。

WordPressはソフトウェア本体をダウンロードして、サーバーへインストールして利用するものという印象が強い方もいらっしゃるかもしれませんが、実はレンタルブログサービスとしてのWordpressも存在しており、それがWordpress.comと呼ばれるものです。

スポンサーリンク




WordPress.comとは

WordPress.comとはWordpressを利用したレンタルブログサービスです。

WordPress.comを使用することで、自分でサーバーを借りてWordpressをインストールするという作業やメンテナンスの手間をかけることなく、簡単にWordpressを始めることができます。

WordPress.orgとの違い

WordPress.orgではWordpress本体のソフトウェアをダウンロードして、サーバーにインストールすることで使用します。

一方、Wordpress.comはレンタルブログというサービス形態をとっており、アカウントを作成すれば、自分でサーバーを用意することなくWordpress.comのサーバー上でそのままWordpressを使用することができます。

ただし、Wordpress.comはWordpress本体をサーバーにインストールする方法に比べて自由度が低く、また高度なカスタマイズを実現するためには有料プランへの加入が必要になってきます。

柔軟なカスタマイズ性を求めるのであれば、サーバーを借りて運用することをおすすめします。

しかし、「テーマを少しカスタマイズして、とりあえずWordpressでサイトを作ってみたい」という方であればWordpress.comはご要望にピッタリなサービスかもしれません。

WordPress.orgを使用する場合もサーバーを用意する必要がありますので、レンタルサーバー等を契約するのであれば、いずれにしても出費は必要になってきます。

カスタマイズ性を重視するのであればサーバーを借りて運用し、カスタマイズ性は劣ってもサーバーのことは考えずにデザインをカスタマイズすることだけに集中したいということであればWordpress.comの有料プランを検討するのが良いでしょう。

ここではWordpress.comを使用する場合のサイトの作成方法について見ていきましょう。

WordPress.comでサイトを作成する

WordPress.comでサイトを作成する手順を見ていきましょう。

WordPress.comの日本語サイトへアクセスします。

サイトを作成ボタンをクリックします。

top1

どのようなタイプ(カテゴリ)のサイトを作成したいか選択しましょう。

作成したいサイトのレイアウトに近いものを選択します。

理想のデザインに近いテーマを選択しましょう。

希望のドメインを検索できますが、既にドメインが決まっている場合は、Wordpress.comのサブドメインを無料で取得して始めることができます。

今回は無料のサブドメインで作成します。

プランを選択しましょう。

独自ドメインを使用する場合はパーソナルプランへの加入が必要となります。

ここでは無料プランを選択します。

アカウントを作成します。

アカウント情報はWordpressへログインする際に使用しますので、管理しやすいものにしましょう。

アカウント情報を入力してアカウントを作成をクリックします。

サイトの作成が完了しました。

続けるをクリックしましょう。

サイトが表示されていることを確認しましょう。

以上、Wordpress.comを利用して無料でWordpressサイトを作成する方法でした。

Wordpressの中級者以上を目指すなら

Wordpressの中級者以上を目指すのであればオンラインスクールもおすすめです。

筆者も講師(メンター)の一人ですが、オンラインスクールの一つ「Techacademy」ではWordpressをカスタマイズするために必要なカリキュラムが用意されています。

オンラインブートキャンプ WordPressコース

Wordpressにも利用されているPHPを利用してWebアプリケーションを開発してみたい方には「PHP/Laravelコース」がおすすめです。

オンラインブートキャンプ PHP/Laravelコース
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする