記事のタグを作成する

前回のレッスン初期カテゴリーを変更する

投稿記事には、カテゴリー以外にもタグを設定して分類することができます。

タグはカテゴリーよりも細かく記事を分類したい時に使用します。

また、タグは記事内にあるキーワードをもとに、読者が関連する記事を見つけやすいように設定することが一般的です。

カテゴリーで分けるには小さする分類であっても、記事に含まれるキーワードで記事同士を関連付けができる場合には、タグを使用していただくと良いでしょう。

この記事では、タグを作成する2つの方法についてご紹介します。

それぞれの方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク




①「投稿」の「タグ」メニューから作成する

管理画面の投稿タグをクリックします。

タグ 画面が表示されます。

タグ画面では、左側でタグを新規作成し、右側で作成済みのタグを管理できます。

▲ 左側でタグを新規作成
▲ 右側で作成済みのタグを管理

新規タグを追加名前に、作成したいタグ名を入力します。

スラッグにタグのスラッグを入力します。

スラッグはカテゴリーと同じく、タグ一覧ページのURLの一部として使用されます。詳しくは、次の記事もご参考ください。

新規タグを追加ボタンをクリックします。

画面右のタグ一覧に、タグが作成されたことを確認しましょう。

② 投稿記事の作成・編集時に同時に作成する

投稿記事の作成や編集時に、同時にタグを作成することもできます。

投稿記事を作成・編集する方法については、次のページもご参考ください。

記事を作成・編集したら、画面右にある タグ を操作します。

タグ の入力欄に作成したいタグ名を入力します。

追加ボタンをクリックします。

入力欄の下に、追加したタグが表示されます。

公開ボタンをクリックして、記事を公開しましょう。

image

記事の編集時は、公開ボタンではなく更新ボタンをクリックして記事を更新しましょう。

タグ 画面に、記事に追加したタグが作成されていることを確認します。

image

投稿記事の作成や編集と同時にタグを作成する時には、スラッグの指定ができません。そのため、上の画像のようにタグのスラッグはタグ名と同じものが自動的に設定されています。以降の記事でご紹介する「タグの編集と削除」でスラッグを変更しておきましょう。

タグが作成されるのは記事の公開後

記事の作成や編集時にタグを追加する場合、タグを追加しただけではタグは作成されていません。

タグが作成されるのは、記事の公開・編集後になります

この点は、カテゴリーの作成とは異なりますので注意しましょう。

次のレッスンへ記事にタグを設定する

「WordPress初心者入門」のトップへ

調べても答えが分からない場合にはQ&Aサイト活用がおすすめです

ご自分で調べても答えが出てこない時には、Q&Aサイトを活用しましょう。

WordPressに関する質問でおすすめのQ&Aサイトはteratailです。

teratailはプログラミングに特化していますので、WordPressで難易度の高いカスタマイズに関する質問もしやすく、一般のQ&Aサイトよりも正確な回答が得やすいという特徴があります。

無料で利用ができますので、行き詰まってしまった時には利用いただいても良いでしょう。
エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク