ディスカッションの設定

前回のレッスンパーマリンクの設定

ブログの運営には欠かすことのできない、コメントやトラックバック・ピンバックなどの設定をおこないます。

コメント機能などを利用して訪問者と積極的にコミュニケーションを取ることで、ブログのファンを増やすことにもつながります。

この記事では、コメントを含むディスカッションの設定方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク




目次

コメントとは

コメントは、サイト内の記事に対してコメントを投稿し、管理者や他の訪問者とコミュニケーションできる仕組みです。

▲ 記事に対して投稿されたコメント

トラックバック・ピンバックとは

トラックバックとピンバックは、自分のブログの記事と他のブログの記事とを相互にリンクできる仕組みです。

トラックバックとピンバック仕組みや特徴については、次の記事もご参考ください。

ディスカッションの設定方法

設定ディスカッションをクリックします。

ディスカッション設定画面が表示されます。

各項目の設定方法について見ていきましょう。

投稿のデフォルト設定

記事内に含まれるすべてのリンクに対してピンバックが実行されます。

ピンの送信先がピンバックを許可している時には、送信先記事のコメント欄に送信元の記事のURLや概要が表示されます。

ピンを送信したくない場合はチェックをはずしましょう

チェックをはずすと、自分の記事へのリンクに対してもピンバックが実行されなくなります。

新しい記事に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける

他のブログの記事からトラックバックやピンバックを受け付けたくない時にはチェックをはずします

新しい投稿へのコメントを許可する

記事へのコメントを受け付ける場合は、チェックを入れます

コメントは、個別の記事ごとに許可するかどうかを設定することもできます。

ここにチェックを入れた場合でも、個別記事でコメントを拒否する設定にしている時には、個別記事の設定が優先されます

他のコメント設定

コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする

コメント入力時に、投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にします。

必須にすることで「スパム」と呼ばれる、記事に関係のないコメントが自動で投稿されるのを避けることができます。

スパムコメントをなるべく避けたい時にはチェックを入れましょう

ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

サイトにログインしているユーザーのみコメントを投稿できます。

ログインの手間がありますので、コメントを積極的に受け付けたい場合にはチェックをはずしておくほうが良いでしょう

◯日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

一定の日数を経過した記事に対してはコメントを受け付けない設定ができます。

管理の手間をはぶけるメリットがありますが、人気のある記事でも同じようにコメントフォームが閉じられてしまいます。

コメントを積極的に受け付けている場合には、チェックははずしておきましょう。

コメントを◯階層までのスレッド (入れ子) 形式にする

コメントを入れ子形式で表示します。

コメントへの返信が見やすくなるメリットがありますが、テーマがスレッドに対応していない場合は入れ子形式での表示がされません

▲ 入れ子形式ではない表示
▲ 入れ子形式の表示

1ページあたり◯件のコメントを含む複数ページに分割し、[最初/最後]のページをデフォルトで表示する

記事のコメント数が多い場合に、コメントを複数のページに分割します。

さらに、次の項目と組み合わせて、分割したページの表示順を指定できます。

[古い/新しい]コメントを各ページのトップに表示する

コメントの表示順を古い順・新しい順に変更できます。

自分宛のメール通知

コメントが投稿されたとき

コメントが投稿された時に登録のメールアドレスに通知が届きます。

コメントが投稿されたことを、メールですぐに確認したい時にはチェックを入れましょう

コメントがモデレーションのために保留されたとき

記事に投稿されたコメントが承認待ちとなっている場合にもメールで通知します。

コメントの投稿時と同じく、記事にコメントが付いたことをすぐに知りたい時にはチェックを入れます

コメント表示条件

コメントの手動承認を必須にする

すべてのコメントを承認制にします。

スパムコメントが投稿されるのを避けたい時にはチェックを入れましょう

すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする

過去にコメントを承認済みの投稿者の場合には、コメントが自動で投稿されます。

それ以外の投稿者からのコメントは承認待ちとなります。

また、ブラックリストに登録されている投稿者からのコメントも承認待ちとなります。

コメントモデレーション

スパムコメントには複数のリンクが含まれているという特徴があります。

コメントに指定の数のリンクが含まれている場合は承認待ちにします。

最近ではリンク数が1〜2個のスパムも増えてきているため、スパムコメント対策を強化したい場合には、1または2を指定しましょう

承認待ちの設定

コメントの内容・名前・URL・メールアドレス・IPアドレスに指定の単語が含まれている場合には、そのコメントは承認待ちになります。

単語やIPアドレスは入力欄に改行して入力します。

コメントブラックリスト

コメントの内容・名前・URL・メールアドレス・IP アドレスに指定の単語が含まれている場合、そのコメントはすぐにゴミ箱に入ります。

条件に一致したコメントはすぐに削除されるため、スパム以外のコメントが削除されてしまわないように注意が必要です

単語やIPアドレスは入力欄に改行して入力します。

アバター

アバターの表示

アバターは、コメントを投稿する時にコメントと一緒に表示される画像(アイコン)のことです。

投稿者のアバターを表示したくない時にはチェックをはずします

評価による制限

アバターに不適切な画像が設定されている場合に、ランクによってその画像の表示を制限することができます。

G — あらゆる読者に適切
PG — 不快感を与えるおそれあり、たいてい13歳以上向け
R — 17歳以上の成人向け
X — R よりもさらに成人向け

たとえば、PG を選ぶと G~PGレベルまでの画像のみを表示し、Rを選ぶとG~Rレベルの画像を表示します。

デフォルトアバター

アバターを設定していない投稿者のコメントがあった場合に、WordPressが用意しているロゴまたはメールアドレスをもとに自動生成されたアバターを表示します。

デフォルトのアバターは好きなものを選んでいただいて良いでしょう

image

以上、ディスカッションの設定方法をご紹介しました。
次は、表示名を変更する設定をおこないましょう

次のレッスンへWordPressの表示名を変更する

「WordPress初心者入門」のトップへ

調べても答えが分からない場合にはQ&Aサイト活用がおすすめです

ご自分で調べても答えが出てこない時には、Q&Aサイトを活用しましょう。

WordPressに関する質問でおすすめのQ&Aサイトはteratailです。

teratailはプログラミングに特化していますので、WordPressで難易度の高いカスタマイズに関する質問もしやすく、一般のQ&Aサイトよりも正確な回答が得やすいという特徴があります。

無料で利用ができますので、行き詰まってしまった時には利用いただいても良いでしょう。
エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク