無料の独自SSLを設定する

この記事は最終更新日から12日経過しています。

前回のレッスンWordPressをインストールする

現在、大手のレンタルサーバーでは無料で独自SSLを導入できるところも多くなっています。

SSLを導入することで、サイトの安全性を高めたり、ページを高速に表示できるといったメリットもあります。

無料で簡単に導入することができますので、サイト運営をはじめる前にぜひ設定しておきましょう。

この記事では、ロリポップ!で無料の独自SSLを導入する方法についてご紹介します。

image

はじめにSSLについて簡単に説明していますので、説明が不要な方は無料の独自SSLを設定するからご覧ください。

スポンサーリンク




SSLとは?

SSLを簡単にいうと、暗号化した通信方式を使ってサイトを表示させることです。

暗号化した通信方式には「https」と呼ばれる仕組みが利用されています。

ブラウザに表示されているページのURLが「http」や「https」で始まっていることはご存知の方も多いと思います。

そもそもhttpというのは、ブラウザがWebサーバーとやり取りをするための決まりを定めているものですね。

ブラウザとWebサーバーのやり取りについては、次の記事もご参考ください。

httpでは、通信の内容はすべて暗号化されずにやり取りされます。

そのため、httpのページで個人情報やクレジットカード情報を入力して送信すると、暗号化されずに送られた情報は外部の誰かに見られてしまう可能性があります。

それではセキュリティ上問題がありますよね。

そこで、httpとは別に、通信の内容を暗号化して送れるようにしたのがhttpsというわけです。

httpsを利用して通信をおこなうことで、より安全性の高いサイト運営をおこなうことができます。

2017年現在では、個人情報を取り扱うような企業だけではなく、一般的な情報サイトなどを運営する個人でもサイトをSSL化することが一般的になりつつあります。

SSLを導入する理由

では、なぜSSLを導入したほうが良いのでしょうか?

SSLを導入する理由をいくつか見てみましょう。

① セキュリティの強化

サイト内のすべてのページをhttpsにすることを常時SSLといいます。

これから導入する独自SSLも、すべてのページがhttpsで表示される常時SSLです。

この常時SSLを利用することで、個人情報やクレジット情報をあつかう一部のページだけをhttpsにするのに比べて、情報が漏れてしまうリスクを下げることができます

② 検索エンジンから高く評価される

SSLが一般的になりつつある大きな理由の一つに、サイトのSSL化が検索順位に影響することが挙げられます。

検索エンジンのGoogleは、検索順位を決める評価の一つとして「サイトがhttpsで配信されていること」を含めています。

HTTPS をランキング シグナルに使用します
ウェブマスター向け公式ブログより引用

httpsが検索結果に影響する割合は1%未満と高くはありません。

ですが、以前に比べて現在ではSSLを無料で簡単に導入できますので、競合やライバルサイトよりも低く評価されるリスクを避けるためにも導入しておくことをおすすめします。

③ ブラウザに「安全」と表示される

ブラウザでは、httpsで表示されているサイトを「保護された接続」「安全な接続」などのように表示します。

▲ Chromeの表示

▲ Firefoxの表示

一方で、httpsを導入していないサイトは「保護されていません」「安全ではありません」と表示されます。

▲ Chromeのアドレスバー

▲ Firefoxのアドレスバー

それほど目立たない箇所ですが、ブラウザに「安全ではない」と表示されると、サイトを訪問する立場としては少なからず警戒心を抱いてしまいますね。

今後SSL化されたサイトが当たり前になるにしたがって、訪問者もSSLを導入しているサイトなのかという点を気にする人も増えていく可能性もあります。

④ サイトの高速表示につながる

httpよりも高速な通信方法として開発された規格に「HTTP/2」があります。

HTTP/2を利用することで、httpで通信をおこなうよりもWebページを高速に表示することができます

そして、このHTTP/2を利用できる条件として「サイトがSSLで暗号化されていること」が必要になっています。

SSLを導入することでHTTP/2を利用した通信が適用され、訪問者にとってより高速で快適なサイトを運営できるメリットがあります。

それでは、SSLの設定方法を見ていきましょう。

無料の独自SSLを設定する

ロリポップ!レンタルサーバーのユーザー専用ページにログインします。

セキュリティ独自SSL証明書導入をクリックします。

独自SSL(無料)SSL保護されていないドメインを選択します。

① SSLを導入したいドメインにチェックを入れます。

独自SSL(無料)を設定するをクリックします。

「× SSL保護無効」から「SSL設定作業中」という表示へ変わったことを確認します。

image

SSLの設定が反映されるまで数分かかります。しばし待ちましょう。

SSLで保護されているドメインを選択します。

独自SSLを設定したドメインに、SSL保護有効と表示されていることを確認します。

ドメインにアクセスして、SSLが有効になっていることを確認しましょう。

httpsからはじまるURLで、ブラウザに「保護された接続」や「安全な接続」と表示されていれば正しくSSLが反映されています。

wwwから始まるドメイン名は、wwwを含まないドメインに置き換えて表示されます。
image

以上で、独自SSLの導入が完了しました。
次回は「WordPressの基本的な使い方」についてご紹介します。

困った時はQ&Aサイトで

WordPressはインターネット上に情報も多いため、調べれば大抵のことは解決します。

ですが、急いで解決したいことがあったり、どうしても自力では解決できないということもあるかもしれません。

そんな時はQ&Aサイトを利用するのも一つの解決方法です

Q&Aサイトの中でも「teratail」はエンジニアに特化しているため、エンジニア同士での質問や回答も活発で、一般的なQ&Aサイトに比べて正確な回答が期待できる傾向があります。

すべて無料で利用できますので、どうしても解決できない時には利用してみてください。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク