コメントを編集する

この記事は最終更新日から65日経過しています。

前回のレッスンコメントに返信する

WordPressでは、記事に投稿されたコメントを編集することができます。

コメントを編集して、不適切な内容を含むコメントの一部を書き換えるといったこともできます

管理者は自分のコメントだけではなく、サイト訪問者(一般ユーザー)が投稿したコメントも編集できる権限を持っています。

そのため、管理者側で一般ユーザーのコメントを大きく書き換えることも難しくありません。

しかし、ユーザーのコメントの内容を大幅に編集することは、サイトに対するユーザーの信頼を同時に大きく損ねる結果にもなりかねません。

管理者側で一般ユーザーのコメントを編集するのは、そのコメントが不適切だったり、他者に不快感を与える内容だった場合に留めていただくほうが良いでしょう。

この記事では、コメントの編集方法についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク




コメントを編集する

記事に投稿されたコメントを編集します。

管理者としてWordPressにログインした状態で、記事内のコメントに表示されている編集をクリックします。

または、管理画面のコメントをクリックしましょう。

コメント 画面が表示されます。

編集したいコメントにカーソルを合わせます。

コメントの下に、「承認する/承認しない」「返信」「クイック編集」「編集」「スパム」「ゴミ箱へ移動」の6つのメニューが表示されます。

編集をクリックします。

コメントの編集 画面が表示されます。

クイック編集で編集する

コメントはクイック編集をクリックして、「コメント」画面から直接編集することもできます。「投稿日」の変更以外は編集画面と同じ項目を編集できますので、クイック編集から内容を編集していただいても良いでしょう。

コメントの編集 画面で、項目を編集します

編集画面右の更新ボタンをクリックします。

コメント 画面で、編集した内容が反映されていることを確認します。

サイトの記事内のコメントでも、変更が反映されていることを確認しましょう。

記事の編集画面からコメントを編集する

コメントの編集は、記事の編集画面からもできます。

編集したいコメントがある記事の 投稿の編集 画面を開きます。

image

固定ページのコメントを編集したい時には、「固定ページを編集」画面を開きましょう。

本文入力欄下のコメントをクリックします。

記事に投稿されているコメントが表示されます。

以降は、「コメント」画面から編集をおこなう場合と同じ操作になります。

編集したいコメントにカーソルを合わせます。

表示されたメニューから、編集をクリックします。

コメントの編集 画面が開きます。

項目を編集します。

編集画面右の更新ボタンをクリックします。

投稿の編集 画面で、編集した内容が反映されていることを確認します。

サイトの記事内のコメントでも、変更が反映されていることを確認しましょう。

次のレッスンへコメントをスパムとしてマークする

「WordPress初心者入門」のトップへ

WordPressの基礎を体系的に学びたい方のために

WordPressの基礎を体系的に学習したい方向けの著書が発売になります。

本書の手順に沿ってサイトを作成していただくだけで、WordPressの操作方法やサイト作成の基礎を学べる構成になっています。

これからWordPressでサイト作成を始めようと考えているけど、何から始めれば良いか迷っている。

本書はそんな方のための一冊です。

ぜひお手にとってご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク