カテゴリーの編集と削除

この記事は最終更新日から81日経過しています。

前回のレッスン記事にカテゴリーを設定する

作成したカテゴリーは、もちろん編集や削除をすることもできます。

カテゴリーの編集や削除は、新規作成と同じく「カテゴリー」画面からおこないます。

この記事では、作成済みカテゴリーの編集と削除の方法についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク




カテゴリーの編集

管理画面の投稿カテゴリーをクリックします。

カテゴリー 画面が表示されます。

画面右のカテゴリー一覧で、編集したいカテゴリーにカーソルを合わせます。

カテゴリー名の下に、「編集」「クイック編集」「削除」「表示」の4つのメニューが表示されます。

編集をクリックします。

カテゴリーの編集 画面が表示されます。

編集したい項目を修正します。

画面下部に表示されている更新ボタンをクリックします。

画面上部に、「カテゴリーを更新しました。」と表示されたことを確認します。

← カテゴリーに戻るをクリックします。

カテゴリー 画面で変更が反映されていることを確認しましょう。

編集したカテゴリーが記事に設定されている場合には、サイトの記事でも変更を確認しておきましょう。

▲ カテゴリー変更前の表示

▲ カテゴリー変更後の表示

カテゴリーを削除する

作成済みのカテゴリーを削除します。

カテゴリー 画面で、削除したいカテゴリーにカーソルを合わせます。

表示されたメニューの削除をクリックします。

確認のダイアログが表示されますので、削除して問題がないことを確認してOKをクリックします。

image

カテゴリーの削除は、記事の削除と違って一度削除をしてしまうと元に戻すことができません。事前にしっかりと確認しておきましょう。

カテゴリーの一覧から、カテゴリーが削除されたことを確認しましょう。

削除したカテゴリーの記事の取り扱い

削除したカテゴリーの記事の取り扱いについて疑問に感じられた方もいらっしゃるかもしれません。

記事に複数のカテゴリーが設定されている場合には、削除されたカテゴリーはそのまま除外されます。

【記事に複数のカテゴリーが設定されている場合】
▲ 記事に複数のカテゴリーが設定されている場合
▲ 削除したカテゴリーはそのまま記事から除外される

記事にカテゴリーが1つのみ設定されている場合には、削除したカテゴリーの記事は初期カテゴリーの「未分類」に変更になります。

【記事に1つのみカテゴリーが設定されている場合】
▲ 記事に1つのみカテゴリーが設定されている場合
▲ 初期カテゴリーの「未分類」に変更される
image

削除したカテゴリーの記事が「未分類」に変更された場合は、再度忘れずに記事にカテゴリーを設定し直しましょう。

次のレッスンへ親カテゴリーを設定して子カテゴリーを作成する

「WordPress初心者入門」のトップへ

WordPressの基礎を体系的に学びたい方のために

WordPressの基礎を体系的に学習したい方向けの著書が発売になります。

本書の手順に沿ってサイトを作成していただくだけで、WordPressの操作方法やサイト作成の基礎を学べる構成になっています。

これからWordPressでサイト作成を始めようと考えているけど、何から始めれば良いか迷っている。

本書はそんな方のための一冊です。

ぜひお手にとってご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク