WordPressで「データベース接続確立エラー」が出た時の対処法

この記事は最終更新日から225日経過しています。

前回のレッスンWordpressの404エラーでページが表示されない場合の対処方法

WordPressをインストールした時や、引っ越しが完了した直後などにサイトにアクセスすると「データベース接続確立エラー」と表示され、ページが正しく表示されない場合があります。

▲ データベース接続エラーの場合に表示される画面

上記のエラーが出た場合は、いくつか原因が考えられますが、まずはwp-config.phpのデータベース情報に間違いがないか注意深く確認してみましょう。

スポンサーリンク




wp-config.phpのデータベース情報を見直す

WordPressをインストールしたフォルダ内の、wp-contentwp-includesと同じ階層にあるwp-config.phpファイルを開きましょう。

wp-config.php内のデータベース情報が正しく記述できているか確認しましょう。

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'databasename');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'mysql-host');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

ホスト名もサーバーに合わせて正しく修正しましょう。

全てのデータベース情報が正しく記述されていれば、wp-config.phpに問題はないと判断して良いでしょう。

サーバーがダウンしていないか確認する

記述したデータベース情報に間違いがない場合は、データベース(MySQL)サーバーがダウンしていないかをサーバー管理会社へ問い合わせてみましょう。

データベースを修復する

データベースを修復する場合は必ずバックアップを取ってからおこなうようにしてください

wp-config.phpにも、データベースサーバーにも問題がなければデータベースそのものが壊れているかもしれません。

phpMyAdminからデータベースを確認してみましょう。

もし壊れているテーブルが特定できるようであれば、そのテーブルのみ修復します。

壊れているテーブルが特定できないようであれば、全てのテーブルを選択し、ドロップダウンメニューからテーブルを修復するを選択しましょう。

ハッキングを疑う

上記のいずれかを試してみても解決しなければ、ハッキングの可能性があるかもしれません。

Sucuri SiteCheckを使用して、ウィルス等に感染していないか確認しましょう。

さいごに

データベース接続確立エラーとなる場合、私の場合はデータベース情報の記述ミスが原因であることが多いです。

まずはデータベース名、ユーザー名、パスワード、ホスト名が正しく記述されているか確認してみましょう。

以上、Wordpressで「データベース接続確立エラー」が出た時の対処法でした。

次のレッスンへWordpressでサイドバーウィジェットが表示されない時に確認したい3つのこと

「WordPress初心者入門」のトップへ

WordPressの基礎を体系的に学びたい方のために

WordPressの基礎を体系的に学習したい方向けの著書が発売になります。

本書の手順に沿ってサイトを作成していただくだけで、WordPressの操作方法やサイト作成の基礎を学べる構成になっています。

これからWordPressでサイト作成を始めようと考えているけど、何から始めれば良いか迷っている。

本書はそんな方のための一冊です。

ぜひお手にとってご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク