ムームードメインでドメインを取得する

この記事は最終更新日から256日経過しています。

サイトを作成して公開するためには、サイトをインターネットに設置するためのサーバーと、その住所となるドメインが必要です。

WordPressでサイトを作成する時にも、もちろんサーバーとドメインは必須になります。

ドメインは、独自ドメインではなくても、レンタルサーバーを借りた時に設定するサブドメインを使用しても問題はありません。

ですが、上の「ドメインとは?」の記事でも述べたように、できる限りサイト開設当初から独自ドメインで運用していただくことをおすすめします。

ドメイン取得の際には、「ドメインとは?」の記事をご参考にして、お好みのドメイン名を決めてみてください。

この記事では、ムームードメインを利用したドメインの取得方法についてご紹介します。

スポンサーリンク




ムームードメインでドメインを取得する

ムームードメインにアクセスします。

「お気に入りのドメインを見つけよう」という表示の下にある検索窓に、取得したいドメイン名を入力します。

検索をクリックします。

検索窓の下にトップレベルドメイン別にドメイン一覧が表示されます。

取得したいドメインの横に表示されているカートに追加をクリックします。

「カートへ追加しました」と表示されますので、そのまま購入へ進む場合はカートへすすむをクリックします。

image

まとめて複数のドメインを取得したい時には、ドメイン検索を続けるをクリックしましょう。

ログイン画面が表示されます。

すでに登録済みの方はムームーIDをお持ちの方からログインしましょう。

新規での登録の方は新規登録をクリックします。

「新規登録」画面で、①メールアドレスと②パスワードを入力します。

内容確認へをクリックします。

入力内容に間違いがないことを確認して、ユーザー登録をクリックします。

ログインしている状態で、再度ムームードメインのトップページが開きます。

カートをクリックします。

カートへすすむをクリックします。

ドメインの設定画面が表示されます。

ドメイン設定は選択されている項目のまま進めます。

すでにレンタルサーバーを契約されている方は、ネームサーバーを任意の項目へ変更していただいてもかまいません。

WHOIS公開情報とは?

WHOIS公開情報とは、ドメインの所有者を確認できる情報です。

ドメイン所有者の名前や住所、メールアドレスを誰でもインターネットから確認することができます。

そのため、個人情報をインターネットに公開したくない場合は、WHOIS情報代行サービスを利用しましょう。

ムームードメインでは無料で代行サービスを利用できますが、会社によっては有料で提供している場合もありますので、取得時には確認しましょう。

WHOIS情報代行サービスを利用することで、ドメイン取得サービスの運営者情報が所有者の代わりに公開されます。

お支払い「ドメインの契約年数」を選択します。

image

ドメインの契約年数は1年単位で選択ができます。複数年契約を選択することで1年ごとの更新に比べてお得になります。

「お支払い方法」を選択します。

お支払い方法には、次の5つを選択できます。

  • クレジットカード決済
  • おさいぽ!決済
  • コンビニ決済
  • 銀行振込
  • Amazon Pay
image

お支払い方法は、契約内容によっては選択できない項目があったり、契約の自動更新設定ができなかったりします。条件に合わせて選択するようにしましょう。

自動更新設定をおこなう場合は、自動更新設定「次回以降の契約を自動更新にする」にチェックを入れます。

次のステップへをクリックします。

「連携サービス」画面が表示されます。

連携サービスのお申し込みをお考えであれば、ここで同時に申し込みができます。

必要のない場合は、そのまま次のステップへをクリックします。

「ユーザー情報入力」画面が表示されますので、必須事項を入力して次のステップへをクリックします。

お申し込み内容を確認する画面が表示されます。

間違いがないことを確認したら、利用規約「下記の規約に同意します。」にチェックを入れ、取得するをクリックします。

ドメイン取得完了の画面が表示されることを確認しましょう。

image

お支払い方法によって表示される画面が異なります。コンビニ決済や銀行振込では、この時点ではまだドメインの取得は完了していませんので注意しましょう。

ドメイン情報を認証する

ドメインの取得が完了すると、ドメインによっては登録のメールアドレスに「ドメイン情報認証のお願い」という件名のメールが届きます。

登録情報が正しいものであれば、記載のURLにアクセスしてドメイン情報認証を完了させましょう。

▲ ドメイン認証完了時に表示される画面
(出典: ムームードメイン)

image

以上で、ドメインの取得が完了しました。
次はレンタルサーバーを契約しましょう。

次のレッスンへロリポップ!レンタルサーバーを契約する

「WordPress初心者入門」のトップへ

WordPressの基礎を体系的に学びたい方のために

WordPressの基礎を体系的に学習したい方向けの著書が発売になります。

本書の手順に沿ってサイトを作成していただくだけで、WordPressの操作方法やサイト作成の基礎を学べる構成になっています。

これからWordPressでサイト作成を始めようと考えているけど、何から始めれば良いか迷っている。

本書はそんな方のための一冊です。

ぜひお手にとってご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク