WordPressでプラグインをインストールする2つの方法

WordPressのメリットの1つにプラグインを利用できることがあります。

プラグインとは、Wordpressにはじめから備わっている機能とは別に機能を追加できるツールのことをいいます。

例えば、サイトにお問い合わせフォームを設置したいという場合、通常は自分でプログラムを書いて機能を実装する必要があります。

しかし、Wordpressでは自分でプログラムを書かなくても、他のユーザーが作成したプラグインを利用することで、簡単にお問い合わせフォームを設置することができます。

WordPressにプラグインをインストールする方法には、

1. 管理画面から検索してインストールする方法
2. 公式のプラグインページからダウンロードしてインストールする方法

2つの方法があります。

スポンサーリンク




1. 管理画面から検索してインストールする方法

管理画面のプラグインメニューからインストールする方法です。

プラグインメニューの新規追加をクリックします。

検索フォームに、追加したいプラグイン名やキーワードを入力してプラグインを検索します。

追加したいプラグインの今すぐインストールボタンをクリックします。

インストールが完了すると有効化ボタンが表示されますので、クリックしましょう。

有効化するとインストール済みプラグイン画面のプラグイン一覧に、追加したプラグインが表示されますので有効化されていることを確認しましょう。

プラグイン名の下にある有効化というリンクが設定など別のリンクに変わっていれば有効化されています。

2. 公式のプラグインページからダウンロードしてインストールする方法

WordPress.org公式のプラグインページから追加する方法です。

プラグインディレクトリページへアクセスします。

検索フォームに、追加したいプラグイン名やキーワードを入力してプラグインを検索します。

追加したいプラグインのプラグイン名をクリックします。

プラグインの詳細ページが開きますので、ダウンロードボタンからプラグインファイルをダウンロードしましょう。

PCにzip形式のプラグインファイルがダウンロードされました。

管理画面のプラグインメニューの新規追加から、プラグインのアップロードボタンをクリックします。

ファイルのアップロード画面が表示されます。

先ほどダウンロードしたzipファイルを添付し、今すぐインストールボタンをクリックしましょう。

インストールが完了したら、プラグインを有効化をクリックします。

プラグインが有効化されていることを確認しましょう。

以上、Wordpressでプラグインをインストールする2つの方法でした。

Wordpressの中級者以上を目指すなら

Wordpressの中級者以上を目指すのであればオンラインスクールもおすすめです。

筆者も講師(メンター)の一人ですが、オンラインスクールの一つ「Techacademy」ではWordpressをカスタマイズするために必要なカリキュラムが用意されています。

オンラインブートキャンプ WordPressコース

Wordpressにも利用されているPHPを利用してWebアプリケーションを開発してみたい方には「PHP/Laravelコース」がおすすめです。

オンラインブートキャンプ PHP/Laravelコース
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする