「Duplicator」プラグインを使用してWordPressの引っ越しをする方法

WordPressの引っ越しはマニュアルでおこなうこともできますが、プラグインを利用することもできます。

DuplicatorプラグインはWordpressのサイトを簡単に複製することができ、さらに複製したものを別のサーバーにコピーすることも簡単にできます。

Duplicatorを使用する場合、サイトの規模によっては移転処理が上手くいかないこともあるようですが、非常に簡単な手順で引っ越しができますので一度は試してみたいものです。

Duplicatorプラグインを使用したWorpdressの引っ越しの方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク




Duplicatorで引っ越し用のパッケージを作成する

はじめにDuplicatorプラグインをインストールし、Wordpressのパッケージを作成します。

WordPressのダッシュボードにあるプラグインメニューから新規追加をクリックし Duplicatorを検索します。

検索結果が表示されますので、プラグイン名がDuplicatorであることを確認し、今すぐインストールをクリックします。

search-duplicator1

インストールが完了すると有効化ボタンが表示されますので、有効化します。

dup-search-result2

有効化すると、ダッシュボードにDuplicatorというメニューが追加されていますので、そちらをクリックします。

Packagesと表示された画面の右上にあるCreate Newからパッケージを作成しましょう。

open-duplicator3

パッケージ名に問題がなければNextをクリックして、次の画面へ進みます。

package-new4

サイトのスキャンが始まりますので、しばらく待ちましょう。

スキャンが完了するとステータスが表示されますので、全てのステータスがGood!となっていればBuildをクリックしてビルドを開始します。

scan-complete5

サイズの大きなファイルでWarningが出た場合

サイズの大きなファイルが検出されるとWarningが表示されますが、サイズの大きなファイルがパッケージに含まれても問題がない場合は、A warning status was detected, are you sure you want to continue?にチェックを入れ、そのままBuildをクリックします。

warning

ビルドが完了すると、インストーラーファイルアーカイブファイルが作成されますので、それぞれダウンロードしましょう。

package-completed7

新規にデータベースを作成する

サーバーに新規にデータベースを作成します。

create-new-db
(データベースの作成方法はサーバーごとに異なります)

WordPressを引っ越し先サーバーへインストールする

ダウンロードしたインストーラーファイルとアーカイブファイルを引っ越し先のサーバーへアップロードします。

file-uploaded8-1

http://(引っ越し先のドメイン)/installer.phpへアクセスし、インストーラーを開きます。

deploy9

MySQL DatabaseActionで、Create New Databaseを選択し、先ほど作成したデータベースの情報を入力します。

データベース情報を入力したらTest Connectionボタンをクリックして、接続をテストします。

input-database-info10

Host、Databaseともに、Successと表示されれば、正しく接続ができています。

success11

I have read all warnings & noticesにチェックを入れ、Run Deploymentをクリックします。

引っ越し元と引っ越し先の設定情報が表示されます。

設定を確認し、問題がなければRun Updateをクリックします。

old-new-site15

これでWordpressの引っ越しが完了しました。

Test Siteをクリックして、引っ越し元のWordpressの状態が正しく引き継がれているか確認しましょう。

complete16

最後にSecurity Cleanupを押して、インストーラーファイルを削除しましょう。

Delete Reserced Files でインストーラーファイルを全て削除することができます。

datacleanup

file-cleanuped

以上が、「Duplicator」プラグインを使用してWordPressの引っ越しをする方法になります。

お疲れさまでした!

Wordpressの中級者以上を目指すなら

Wordpressの中級者以上を目指すのであればオンラインスクールもおすすめです。

筆者も講師(メンター)の一人ですが、オンラインスクールの一つ「Techacademy」ではWordpressをカスタマイズするために必要なカリキュラムが用意されています。

オンラインブートキャンプ WordPressコース

Wordpressにも利用されているPHPを利用してWebアプリケーションを開発してみたい方には「PHP/Laravelコース」がおすすめです。

オンラインブートキャンプ PHP/Laravelコース
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする