記事に動画を挿入する

前回のレッスン画像ギャラリーを削除する

記事には、画像と同じ方法で動画を埋め込むことができます。

画像の代わりに動画を再生できるようにするなどして、よりコンテンツを充実させましょう。

この記事では、記事に動画を挿入する方法をご紹介します。

スポンサーリンク




ファイルをアップロードして挿入する

動画ファイルをアップロードして記事に挿入します。

動画を挿入したい位置にカーソルを合わせます。

メディアを追加ボタンをクリックします。

メディアを追加 画面が表示されます。

ファイルをアップロードを選択します。

ファイルを選択ボタンをクリックします。

③ パソコンのファイルから、アップロードしたい動画を選択します。

開くボタンをクリックします。

メディアを追加 画面に戻ります。

メディアライブラリ が開き、アップロードした動画が選択されていることを確認します。

画面右下の投稿に挿入ボタンをクリックします。

ビジュアルエディタに動画が挿入されたことを確認します。

サイトの記事内でも動画が表示されていることを確認しましょう。

メディアライブラリから挿入

すでにメディアライブラリにアップロードしている動画を記事に挿入します。

動画を挿入したい位置にカーソルを合わせます。

メディアを追加をクリックします。

メディアを追加 画面が表示されます。

メディアライブラリをクリックします。

記事に挿入したい動画を選択します。

投稿に挿入ボタンをクリックします。

動画が挿入されたことを確認します。

サイトの記事内でも動画が表示されていることを確認しましょう。

URLから挿入する

インターネット上にある、動画のURLから記事へ動画を挿入します。

動画を挿入したい位置にカーソルを合わせます。

メディアを追加ボタンをクリックします。

メディアを追加 画面が表示されます。

URLから挿入をクリックします。

URLから挿入 画面が表示されます。

① 動画のURLを入力します。

投稿に挿入ボタンをクリックします。

ビジュアルエディタに動画が挿入されたことを確認します。

サイトの記事内でも動画が表示されていることを確認しましょう。

複数の動画を挿入する

記事に複数の動画を挿入します。

動画を挿入したい位置にカーソルを合わせます。

メディアを追加ボタンをクリックします。

メディアを追加 画面が表示されます。

メディアライブラリをクリックします。

WindowsではキーボードのCtrlキーを押しながら、複数の動画を選択します。

MacではキーボードのCommandキーを押しながら、複数の動画を選択します。

投稿に挿入ボタンをクリックします。

選択した画像が挿入されたことを確認します。

サイトの記事内でも動画が表示されていることを確認しましょう。

動画をリンクとして挿入する

これまで見たように、記事に動画を挿入する時には、記事内でそのまま動画を再生できるメディアプレイヤーが記事に埋め込まれます。

その他にも、設定画面からリンク先を変更することで、動画をリンクとして挿入することもできます。

▲ 動画をリンクとして挿入した場合

動画をリンクとして挿入する場合、選択できるリンク先は次の2種類です。

動画のリンク先の2種類

  1. メディアファイルへのリンク
  2. 添付ファイルページへのリンク

リンク先のページの詳細は画像のリンク先と同じ内容となります。

以下の記事もご参考ください。

動画をリンクとして挿入する方法をご説明します。

動画を挿入したい位置にカーソルを合わせます。

メディアを追加ボタンをクリックします。

メディアを追加 画面が表示されます。

記事に挿入したい動画をクリックします。

添付ファイルの表示設定埋め込みまたはリンクを変更します。

投稿に挿入をクリックします。

動画がリンクとして挿入されたことを確認します。

サイトの記事内でリンク先のページが正しく表示されることを確認しましょう。

image

リンクとして挿入した動画は通常のリンクと同じように編集・削除できます。くわしくはリンクを挿入するをご覧ください。

次のレッスンへ記事に挿入した動画を編集する

「WordPress初心者入門」のトップへ

調べても答えが分からない場合にはQ&Aサイト活用がおすすめです

ご自分で調べても答えが出てこない時には、Q&Aサイトを活用しましょう。

WordPressに関する質問でおすすめのQ&Aサイトはteratailです。

teratailはプログラミングに特化していますので、WordPressで難易度の高いカスタマイズに関する質問もしやすく、一般のQ&Aサイトよりも正確な回答が得やすいという特徴があります。

無料で利用ができますので、行き詰まってしまった時には利用いただいても良いでしょう。
エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク