BitNamiを利用してPCのローカル環境にWordPressを構築する方法

WordPressをローカル環境にインストールする方法はいくつかあります。

私はMAMPというフリーソフトを使用していたのですが、より簡単にインストールできる方法もいくつかあるようです。

今回はBitNamiというソフトを利用してローカル環境にWordpressをインストール方法をご紹介します。

スポンサーリンク




BitNamiとはなにか

BitNamiとは、簡単にいえばWebアプリケーションに必要な環境をサービス側で構築してくれるソフトです。

普段私が使用しているMAMPというソフトの場合、ローカルにWordpress環境を構築するためには、データベースの設定やWordpress本体のインストールは自分でおこなう必要があります。

しかし、このBitNamiというソフトを使用することにより、Wordpress本体/PHP/MySQLを含めた一切の開発環境を全て自動で構築することができるため、簡単な設定をするだけですぐにWordpressを使用することが可能になります。

BitNamiをダウンロードする

BitNamiのWordpressのインストーラー画面へ行き、環境に応じてファイルをダウンロードします。

Downloadを押すとログインを求められますので、ログインします。

ログインをしたくない場合は、ダイアログ下部のNo thanks, just take me to the downloadをクリックすると、ログインせずにダウンロードできます。

BitNamiをインストールする

ダウンロードしたファイルを開くとセットアップ画面が表示されますので、WordPressアイコンをクリックしましょう。

言語を選択するダイアログが表示されます。

日本語を選択することができないので、Englishもしくは別の言語を選択しましょう。

選択してOKをクリックします。

Nextをクリックします。

インストールアプリケーションを選択する画面になりますので、全てチェックして次へ進みます。

BitNamiをインストールするフォルダを選択してNextを押します。

span class=”empha”>管理者情報を入力してNextをクリックします。

Wordpessサイトのタイトルを入力してNextをクリックします。

開発環境でもメールサーバーを使用したい場合は、Do you want to configure mail support?にチェックを入れます。

ここでチェックを入れなくても、後で設定することもできます。

クラウド上にもWordpressを起動させる場合はチェックを入れます。

今回はローカル環境のみで良いのでチェックをはずします。

インストールの準備が完了した旨の画面が表示されますので、Nextを押すとインストールが始まります。

インストールが完了するとブラウザに完了メッセージが表示されますので、Access WordPressをクリックします。

無事にWordpressがインストールされていることを確認しましょう。

WordPressのアドレスとファイルの場所

WordPressのローカル環境のアドレスは

https://localhost:80(ポート番号)/wordpress/、または
https://127.0.0.1:80/wordpress

になります。

構成ファイルは、BitNamiをインストールしたフォルダ(今回は/Applications/wordpress-バージョン番号)内のapps > wordpress > htdocs内にあります。

以上、BitNamiでPCのローカル環境にWordpressを構築する方法でした。

次のレッスンへMAMPを利用してPCのローカル環境にWordpressを構築する方法

「WordPress初心者入門」のトップへ

調べても答えが分からない場合にはQ&Aサイト活用がおすすめです

ご自分で調べても答えが出てこない時には、Q&Aサイトを活用しましょう。

WordPressに関する質問でおすすめのQ&Aサイトはteratailです。

teratailはプログラミングに特化していますので、WordPressで難易度の高いカスタマイズに関する質問もしやすく、一般のQ&Aサイトよりも正確な回答が得やすいという特徴があります。

無料で利用ができますので、行き詰まってしまった時には利用いただいても良いでしょう。
エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク