MAMPを利用してPCのローカル環境にWordPressを構築する方法

MAMPとは、Mac上でWordpress環境を構築する際に使用するフリーソフトです。

BitNamiを利用してWordpressをローカル環境に構築する方法について書きましたが、MAMPでも同様のことが可能です。

しかし、BitNamiに比べ、MAMPはデータベースの作成やWordpress本体のインストールの手間がかかります。

初心者の方はBitNamiを利用するほうが良いでしょう。

MAMPのインストール

ダウンロードページからMAMPをダウンロードします。

download

ダウンロードしたパッケージファイルを開くとインストーラが表示されますので、続けるをクリックします。

setup1

MAMPフォルダをアプリケーションフォルダ内へ移動したり、名前を変更してはいけない旨の注意書きが表示されます。

こちらも続けるをクリックします。

setup2

ソフトウェア使用許諾契約の条件に同意して次へ進みます。

setup3

コンピュータ上に指定された空き領域があることを確認し、インストールをクリックします。

setup4

インストールが始まりますので、数分待ちましょう。

setup5

インストールが完了すると、完了メッセージが表示されます。

setup6

MAMPを起動する

LaunchpadからMAMPを起動します。

setup7

Check for MAMP PRO when starting MAMPのチェックが外れていることを確認し、Launch MAMPをクリックします。

setup8

次の画面が表示されますので、サーバを起動をクリックします。

setup9

アイコンの色が緑色へ変化し、サーバーが起動します。

サーバーを停止する場合は、サーバを停止をクリックします。

setup10

サーバーが起動すると同時に、ブラウザにスタートページが表示されていますので、確認しましょう。

setup11openpage

サーバーが起動していることを確認しましょう。

ブラウザでhttp://localhost:8888/へアクセスします。

ページ内にIt works!という文字が表示されていれば正常にサーバーが起動しています。

setup12itworks

データベースの作成

サーバーが起動していることを確認できましたので、次にWordpressのデータを保存するためのデータベースを作成します。

MAMPのスタートページ内にMySQLと書かれた項目がありますので、項目内のphpMyAdminをクリックし、phpMyAdminを開きます。

phpMyAdminとは、ブラウザから簡単にMySQL(データベース)を管理できるツールです。

setup13createdatabase

phpMyAdminが開きましたので、上のタブ一覧からデータベースタブを開きます。

setup14phpmyadmi

データベースを作成する画面が表示されますので、データベース名を入力し、照合順序をutf8_general_ciへ変更後、作成ボタンをクリックします。

setup15choosedatabasetab

データベース名はどんな名前でも良いのですが、今回はmy_wpとしています。

setup16-1

作成したデータベースがphpMyAdmin上に反映されていることを確認します。

setup17

WordPressのインストール

データベースの作成が完了しましたので、いよいよWordpressの本体をインストールしていきます。

WordPressの公式サイトへアクセスします。

wordpress-top

ページ中ほどにダウンロードボタンがありますので、ボタンをクリックし、ファイルをダウンロードします。

wordpress-top2

ダウンロードしたファイルを、解凍するとwordpressというフォルダが生成されますので、そのフォルダを/Applications/MAMPフォルダ内にあるhtdocsフォルダへそのまま移動します。

wordpress3

実際にブラウザからWordpressフォルダへアクセスしてみます。

http://localhost:8888/wordpress

以下のような画面が表示されれば、Wordpressがローカル環境で正しく動作しています。

さあ、始めましょう!と書かれたボタンをクリックします。

wordpress4-config8888

データベース接続のための設定画面が表示されますので、データベース名には先ほど作成したmy_wpを入力します。

ユーザー名パスワードデータベースのホスト名にはMAMPのスタートページに記載のあるMySQL情報を入力します。

wordpress5-database

【スタートページのMySQL情報】
mysql

データベースの情報が正しく入力されていれば接続が完了します。

インストール実行ボタンをクリックします。

wordpress6-db-complete

WordPressの情報を設定する画面が表示されますので、必要事項を入力しWordPressをインストールをクリックします。

ここでの設定はインストール後でも変更が可能です。

wordpress7-bloginfo

無事Wordpressがインストールされました。

ログインボタンをクリックすると、ログイン画面が表示され、ログインすることができます。

wordpress8-comp

WordPressのトップページは

http://localhost:8888/

で確認できます。

wordpress10-top

以上、MAMPを利用してPCのローカル環境にWordpressを構築する方法でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする