1ページに表示する投稿数を設定する

前回のレッスンカテゴリーからタグに & タグからカテゴリーに変換する

WordPressの「投稿」の一覧(アーカイブ)ページでは、1ページに表示する最大投稿数(記事数)を設定することができます。

1ページに表示する最大投稿数は、初期の状態では投稿日時が新しいものから順番に10件を表示する設定になっています。

▲ 投稿日時が新しい記事から順番に10件表示

投稿数が10件を超えると、超えた分の投稿一覧は次のページに表示されます。

たとえば、15件の投稿数があった場合には、残りの5件が2ページ目に表示されることになります。

▲ 2ページ目に残りの記事が表示

サイトのレイアウトやデザインにあわせて、1ページあたりの投稿数を変えていただくと良いでしょう。

この記事では、1ページに表示する最大投稿数を設定する方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク




1ページに表示する投稿数を設定する

1ページに表示する最大投稿数を設定します。

管理画面の設定表示設定をクリックします。

表示設定 画面が表示されます。

1ページに表示する最大投稿数の数値を変更します。ここでは、10件より少ない7件を設定しています。

画面下の変更を保存ボタンをクリックします。

1ページに表示される投稿数が7件に変更されていることを確認しましょう。

1ページに表示される最大投稿数が少なくなったことで、投稿一覧ページも2ページだったものが3ページに増えていることがわかります。

「WordPress初心者入門」のトップへ

調べても答えが分からない場合にはQ&Aサイト活用がおすすめです

ご自分で調べても答えが出てこない時には、Q&Aサイトを活用しましょう。

WordPressに関する質問でおすすめのQ&Aサイトはteratailです。

teratailはプログラミングに特化していますので、WordPressで難易度の高いカスタマイズに関する質問もしやすく、一般のQ&Aサイトよりも正確な回答が得やすいという特徴があります。

無料で利用ができますので、行き詰まってしまった時には利用いただいても良いでしょう。
エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク