カスタムタクソノミーをウィジェットに表示するプラグイン「List Custom Taxonomy Widget」の使い方

「カスタムタクソノミーをウィジェットに表示したい」

そんな時ってありますよね?

でも、Wordpressに標準で用意されているウィジェットは「カテゴリー」ウィジェットのみです。

残念ながら、この「カテゴリー」ウィジェットではカスタムタクソノミーまでウィジェットに表示させることはできないんです。

では、どうすれば良いのか?

カスタムタクソノミーをウィジェットに表示する方法の一つとして、「カテゴリー」ウィジェットを拡張する方法があります。

詳しくは以下のページがとても参考になります。

WordPressで企業サイトの制作を行っていると、通常の「ブログ」だけではなく「新着情報」や「商品」など独自の投稿タイプを作成することが少なくありません。その中で、新着情報にもカテゴリーをもたせたい、商品...

しかし、初心者の方のなかには、

「私はfunctions.phpにコードを書くのが怖いんだ。」

という方がいらっしゃると思います。

初心者ではありませんが、私もその一人です。

functions.phpにコードを書きたくないあなたのために、カスタムタクソノミーをウィジェットに表示できるプラグインをご紹介したいと思います。

今回はList Custom Taxonomy Widgetの使い方について見ていきましょう。

スポンサーリンク




List Custom Taxonomy Widgetの使い方

List Custom Taxonomy Widgetのインストール

まずは、いつもの通りList Custom Taxonomy Widgetをインストールしましょう。

プラグインのインストール方法の詳細については、WordPressでプラグインをインストールする2つの方法をご参考ください。

List Custom Taxonomy Widgetの設定方法

List Custom Taxonomy Widgetの設定方法ですが、実は設定する必要は特にありません

プラグインを有効化すると、ウィジェット画面にList Custom Taxonomyというウィジェットが作成されています。

あとは、通常の「カテゴリー」ウィジェットと同じように使用することができます。

以上が、カスタムタクソノミーをウィジェットに表示するプラグイン「List Custom Taxonomy Widget」の使い方になります。

お役に立てば幸いです!

Wordpressの中級者以上を目指すなら

Wordpressの中級者以上を目指すのであればオンラインスクールもおすすめです。

筆者も講師(メンター)の一人ですが、オンラインスクールの一つ「Techacademy」ではWordpressをカスタマイズするために必要なカリキュラムが用意されています。

オンラインブートキャンプ WordPressコース

Wordpressにも利用されているPHPを利用してWebアプリケーションを開発してみたい方には「PHP/Laravelコース」がおすすめです。

オンラインブートキャンプ PHP/Laravelコース
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする