カスタムタクソノミーをウィジェットに表示するプラグイン「List Custom Taxonomy Widget」の使い方

前回のレッスン特定のカテゴリの記事を一覧に表示させたくない時に利用したい「Ultimate Category Excluder」の使い方

「カスタムタクソノミーをウィジェットに表示したい」

そんな時ってありますよね?

でも、Wordpressに標準で用意されているウィジェットは「カテゴリー」ウィジェットのみです。

残念ながら、この「カテゴリー」ウィジェットではカスタムタクソノミーまでウィジェットに表示させることはできないんです。

では、どうすれば良いのか?

カスタムタクソノミーをウィジェットに表示する方法の一つとして、「カテゴリー」ウィジェットを拡張する方法があります。

詳しくは以下のページがとても参考になります。

https://2inc.org/blog/2014/05/22/4233/

しかし、初心者の方のなかには、

「私はfunctions.phpにコードを書くのが怖いんだ。」

という方がいらっしゃると思います。

初心者ではありませんが、私もその一人です。

functions.phpにコードを書きたくないあなたのために、カスタムタクソノミーをウィジェットに表示できるプラグインをご紹介したいと思います。

今回はList Custom Taxonomy Widgetの使い方について見ていきましょう。

スポンサーリンク




List Custom Taxonomy Widgetの使い方

List Custom Taxonomy Widgetのインストール

まずは、いつもの通りList Custom Taxonomy Widgetをインストールしましょう。

プラグインのインストール方法の詳細については、WordPressでプラグインをインストールする2つの方法をご参考ください。

List Custom Taxonomy Widgetの設定方法

List Custom Taxonomy Widgetの設定方法ですが、実は設定する必要は特にありません

プラグインを有効化すると、ウィジェット画面にList Custom Taxonomyというウィジェットが作成されています。

あとは、通常の「カテゴリー」ウィジェットと同じように使用することができます。

以上が、カスタムタクソノミーをウィジェットに表示するプラグイン「List Custom Taxonomy Widget」の使い方になります。

お役に立てば幸いです!

次のレッスンへバックアッププラグイン「UpdraftPlus」の使い方

「WordPress初心者入門」のトップへ

調べても答えが分からない場合にはQ&Aサイト活用がおすすめです

ご自分で調べても答えが出てこない時には、Q&Aサイトを活用しましょう。

WordPressに関する質問でおすすめのQ&Aサイトはteratailです。

teratailはプログラミングに特化していますので、WordPressで難易度の高いカスタマイズに関する質問もしやすく、一般のQ&Aサイトよりも正確な回答が得やすいという特徴があります。

無料で利用ができますので、行き詰まってしまった時には利用いただいても良いでしょう。
エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク