WordPressでページIDやカテゴリーIDを確認する方法

WordPressの投稿・固定ページ・カテゴリ・タグにはそれぞれ固有のIDが割りふられています。

WordPress上でそれらに関する設定をする際、固有のIDを指定することを求められる場合がありますね。

今回はそれぞれのIDを確認する方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク




ステータスバーでIDを確認する

投稿記事のIDを確認してみましょう。

管理画面の投稿メニューから投稿一覧をクリックして記事の一覧を表示します。

個別の記事のタイトルの上にマウスを合わせると、ページ下部のステータスバーに記事の編集画面のURLが表示されます。

そのURLの中にある、post=に続く数字がこの投稿記事のIDです。

この場合は33がIDとなります。

その他の固定ページ・カテゴリー・タグの場合も同じように確認できますが、カテゴリーIDとタグIDについてはパラメーターの変数(先ほどの「post=」のような値)が違ってきます。

カテゴリーID・タグIDを確認する

カテゴリーIDとタグIDを確認してみましょう。

カテゴリーIDを確認する

管理画面の投稿メニューからカテゴリーをクリックしてカテゴリ編集画面を開きます。

IDを確認したいカテゴリー名をマウスオーバーしましょう。

ステータスバーに表示されたURLの中にある、category&tag_ID=に続く数字がカテゴリーIDとなります。

タグIDを確認する

管理画面の投稿メニューからタグをクリックしてタグ編集画面を開きます。

タグ名をマウスオーバーします。

タグの場合は、post_tag&tag_ID=に続く数字がIDとなります。

まとめると、URLの中の固有IDを確認するための変数は以下のようになります。

投稿/固定ページ : post
カテゴリー : category&tag_ID
タグ : post_tag&tag_ID

URLの中に別の数字が混じっていると、誤ってIDではない数字を選んでしまうこともあるかもしれませんので、変数の違いも覚えておくと良いかもしれませんね。

以上、WordpressでページIDやカテゴリーIDを確認する方法でした。

Wordpressの中級者以上を目指すなら

Wordpressの中級者以上を目指すのであればオンラインスクールもおすすめです。

筆者も講師(メンター)の一人ですが、オンラインスクールの一つ「Techacademy」ではWordpressをカスタマイズするために必要なカリキュラムが用意されています。

オンラインブートキャンプ WordPressコース

Wordpressにも利用されているPHPを利用してWebアプリケーションを開発してみたい方には「PHP/Laravelコース」がおすすめです。

オンラインブートキャンプ PHP/Laravelコース
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする