記事を非公開にする

前回のレッスン記事を削除する

WordPressでは、一度公開した記事を非公開にすることができます。

古くなってしまった記事の公開を取り止めたり、大幅な修正が必要な記事を一度非公開にして編集をしたりする時に利用しましょう。

記事の非公開の方法は「投稿」も「固定ページ」も同じです。

この記事では、「投稿」の記事を非公開にする方法についてご紹介します。

image

固定ページを非公開にする時には、「投稿」の記述を「固定ページ」へ置き換えてご覧ください。

スポンサーリンク




記事を非公開にする

投稿 画面で、非公開にしたい記事の編集をクリックします。

投稿の編集画面が開きます。

タイトル入力欄の右にある 公開 に「公開状態: 公開」と表示されていることを確認します。

編集をクリックします。

公開状態を選択する項目が表示されます。

非公開を選択します。

OKボタンをクリックします。

「公開状態: 非公開」と表示されていることを確認して、更新ボタンをクリックします。

投稿を更新しました。 と表示されます。

投稿を表示をクリックします。

記事タイトルの先頭に「非公開:」と表示されていることを確認します。

image

非公開にしても、管理者や記事作成者でログインしている時には、記事は非公開の記事として表示されます。

ログアウトをして記事のURLへアクセスすると、ページが非公開となっていることを確認できます。

記事を一括で非公開にする

複数の記事を一括で非公開にすることもできます。

投稿 画面で、非公開にしたい記事にチェックを入れます。

一括操作編集へ変更します。

適用ボタンをクリックします。

一括編集 画面が表示されます。

ステータス非公開に変更します。

更新ボタンをクリックします。

投稿 画面の記事タイトルの横に「ー非公開」と表示されていることを確認します。

記事にカーソルを合わせて、表示をクリックします。

記事タイトルに「非公開:」と表示されていることを確認します。

非公開にした記事を再度公開する

一時的に非公開にしていた記事は、ふたたび公開することもできます。

投稿画面で、再公開したい記事の編集をクリックします。

公開の「公開状態: 非公開」横の編集をクリックします。

公開を選択します。

OKボタンをクリックします。

「更新」ボタンが「公開」ボタンへ変わります。

「公開状態: 公開」と表示されていることを確認して、公開ボタンをクリックします。

投稿を更新しました。 と表示されます。

投稿を表示をクリックします。

記事タイトルの「非公開:」の表示が消え、記事が公開されていることを確認します。

ログアウトをしても、記事が表示されることを確認しておきましょう。

次のレッスンへ記事にパスワードを設定する

「WordPress初心者入門」のトップへ

調べても答えが分からない場合にはQ&Aサイト活用がおすすめです

ご自分で調べても答えが出てこない時には、Q&Aサイトを活用しましょう。

WordPressに関する質問でおすすめのQ&Aサイトはteratailです。

teratailはプログラミングに特化していますので、WordPressで難易度の高いカスタマイズに関する質問もしやすく、一般のQ&Aサイトよりも正確な回答が得やすいという特徴があります。

無料で利用ができますので、行き詰まってしまった時には利用いただいても良いでしょう。
エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク