固定ページを階層化する

この記事は最終更新日から71日経過しています。

前回のレッスン固定ページの作成・編集・削除

WordPressでは、固定ページに「親」と「子」の関係を設定して、ページを階層化することができます

たとえば、「会社概要」という親ページを作成し、その下に「会社沿革」「アクセスマップ」といった子ページを作成できます。

また、たとえば「会社沿革」の下に、さらに「設立の目的」といった孫ページを作成することで階層を深くすることもできます。

詳しくは記事内でも見ていきましょう。

この記事では、固定ページを階層化する方法についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク




親ページを作成する

まずはじめに、親ページを作成します。

管理画面の固定ページ新規追加をクリックします。

新規固定ページを追加 画面が表示されます。

親ページとなる固定ページを作成しましょう。

固定ページの作成は、「記事を作成する」と同じ方法で作成できます。

親ページを公開したら、固定ページ 画面で固定ページの一覧を確認します。

親ページが公開されていることを確認しましょう。

image

親ページを作成しても、ページが公開されていない場合には子ページで親ページを選択することができません必ず親ページは公開しておきましょう

子ページを作成する

子ページとなる固定ページを作成します。

新規固定ページを追加 画面から固定ページのタイトルと本文を入力したら、画面右の「固定ページの属性」で子ページの設定をおこないます。

image

すでに作成済みの固定ページを子ページに設定することもできます。その場合は「固定ページを編集」画面から同様の操作をおこないましょう。

固定ページの属性から、親ページに設定したい固定ページを選択します。

親ページを選択したら、公開ボタンをクリックしてページを公開します。

image

すでに作成済みの固定ページを子ページへ設定する時には、表示されている更新ボタンをクリックしましょう。

固定ページ 画面で、子ページが作成されていることを確認しましょう。

子ページには、子カテゴリーと同じように階層を示すがタイトルの前に表示されています。

image

階層を示すは、カテゴリーと同じく階層が深くなるごとに1本ずつ追加されていきます。孫ページを作成するでも確認ができます。

ウィジェットを利用して、サイトでも固定ページが階層化されていることを確認してみます。

image

ウィジェットについては別の記事でもご説明します。ここでは「固定ページが階層化されている」ということを確認しておきましょう。

また、子ページに設定したページのパーマリンクも、同様に階層化されていますので確認しておきましょう。

孫ページを作成する

孫ページも、子ページの作成と同じ方法で作成できます。

孫ページのタイトルと本文を入力したら、固定ページの属性から、孫ページの親となる子ページを選択します。

子ページ(孫ページの親ページ)を選択したら、公開ボタンをクリックします。

固定ページ 画面で、孫ページが作成されていることを確認しましょう。

サイトでも、子ページの下に孫ページが作成できていることを確認してみます。

孫ページのパーマリンクも、同様に階層化されていることを確認しましょう。

親の設定を解除する

親の設定を解除することで、固定ページの階層化も解除できます。

固定ページ 画面で、親の設定を解除したい子ページまたは孫ページにカーソルを合わせます。

表示されたメニューから編集をクリックします。

固定ページを編集 画面が表示されます。

画面右の 固定ページの属性から(親なし)を選択します。

更新ボタンをクリックします。

固定ページ 画面でページの階層化が解除されていることを確認します。

サイトでも、子ページの階層化が解除されていることを確認しましょう。

次のレッスンへ固定ページの順序を変更する

「WordPress初心者入門」のトップへ

WordPressの基礎を体系的に学びたい方のために

WordPressの基礎を体系的に学習したい方向けの著書が発売になります。

本書の手順に沿ってサイトを作成していただくだけで、WordPressの操作方法やサイト作成の基礎を学べる構成になっています。

これからWordPressでサイト作成を始めようと考えているけど、何から始めれば良いか迷っている。

本書はそんな方のための一冊です。

ぜひお手にとってご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク