記事にタグを設定する

前回のレッスン記事のタグを作成する

作成したタグは、投稿記事に設定することができます。

タグはカテゴリーと違って、必ず記事に設定しなければならないものではありません。

設定する必要がなければ、タグを設定しなくても記事を公開することができます

記事のタグを作成する」でも触れたように、記事に含まれるキーワードで投稿記事を分類したい時に設定しましょう。

この記事では、投稿記事にタグを設定する方法をご紹介します。

スポンサーリンク




投稿記事にタグを設定する

作成済みの記事にタグを設定する方法を見ていきましょう。

記事を編集する」の手順で、タグを設定したい投稿記事の編集画面を開きます。

image

新規で作成する記事にタグを設定する場合には、「記事を作成する」の手順で 新規投稿の追加 画面から同様の設定をおこないます。

画面右の タグ からタグを追加していきます。

タグ の入力欄に設定したいタグ名を入力します。

image

タグは、カテゴリーのように一覧から選択することができません。そのため、「記事のタグを作成する」ですでに作成済みのタグを追加する場合でも入力が必要になります。

一方で、一度記事に設定したタグは「よく使われているタグ」から追加することができます。詳しくは「よく使われているタグからタグを選択する」をご覧ください。

追加ボタンをクリックします。

入力欄の下にタグが追加されたことを確認しましょう。

更新ボタンをクリックして、記事を更新します。

サイトの記事にタグが設定されていることを確認しましょう。

記事に複数のタグを設定する

記事には、同時に複数のタグを追加することもできます

タグを設定したい投稿記事の編集画面を開きます。

画面右 タグ の入力欄に、設定したいタグをカンマで区切って入力します。

追加ボタンをクリックします。

入力欄の下に複数のタグが追加されたことを確認しましょう。

image

タグは、「よく使われているタグからタグを選択する」方法とあわせて複数のタグを設定することもできます。

更新ボタンをクリックして、記事を更新します。

記事に複数のタグが設定されたことを確認しましょう。

よく使われているタグからタグを選択する

一度記事に設定したタグは、「よく使われているタグ」として簡単に記事に設定できます

タグを設定したい投稿記事の編集画面を開きます。

画面右の タグよく使われているタグから選択をクリックします。

よく使われているタグの一覧が表示されます。

タグの一覧から設定したいタグをクリックします。複数のタグを設定したい場合はすべてクリックしましょう。

入力欄の下に、クリックしたタグが追加されたことを確認します。

更新ボタンをクリックして、記事を更新します。

サイトの記事に、タグが表示されていることを確認しましょう。

記事に設定したタグを削除する

記事に設定しているタグを削除します。

タグを削除したい投稿記事の編集画面を開きます。

画面右の タグ で、削除したいタグの 印をクリックします。

タグが削除されたことを確認します。

更新ボタンをクリックして、記事を更新します。

サイトの記事からタグが削除されていることを確認しましょう。

タグの一覧ページを確認する

記事に設定したタグの一覧(記事アーカイブ)ページを確認しておきましょう。

タグの一覧ページは、次のURLへアクセスして表示できます。

タグ一覧ページのURL

http://ドメイン名/tag/タグのスラッグ

たとえば、当サイトでタグに「使い方」というタグを作成し、そのスラッグを「usage」と設定した場合では、タグ一覧ページへは次のURLでアクセスできます。

「使い方」タグ一覧ページのURL

https://wp-1.club/tag/usage

また、タグの一覧ページへは、記事に表示されているタグ名サイドバーのタグクラウドウィジェットからもアクセスできます。

▲ 記事に表示されているタグ名をクリック

▲ サイドバーのタグクラウドのタグ名をクリック

記事内のタグの表示位置やサイドバーのタグクラウドの表示は、テーマウィジェットの設定によっても異なります。

タグの一覧ページへアクセスできたら、タグを設定している記事の一覧が表示されていることを確認しましょう。

次のレッスンへタグの編集と削除

「WordPress初心者入門」のトップへ

調べても答えが分からない場合にはQ&Aサイト活用がおすすめです

ご自分で調べても答えが出てこない時には、Q&Aサイトを活用しましょう。

WordPressに関する質問でおすすめのQ&Aサイトはteratailです。

teratailはプログラミングに特化していますので、WordPressで難易度の高いカスタマイズに関する質問もしやすく、一般のQ&Aサイトよりも正確な回答が得やすいという特徴があります。

無料で利用ができますので、行き詰まってしまった時には利用いただいても良いでしょう。
エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク