メディアライブラリのメディア一覧の表示形式を変更する

この記事は最終更新日から163日経過しています。

前回のレッスン「メディア」メニューでできること

WordPressでは、画像や動画などのメディアファイルはすべて「メディアライブラリ」から管理できます。

▲ メディアを管理するメディアライブラリ

はじめに、メディアライブラリに表示されるメディア一覧の表示形式を確認しておきましょう。

メディアライブラリでは、次の2つの表示形式を切り替えることができます。

この記事では、グリッドビューとリストビューの違いと、表示形式を切り替える方法についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク




グリッド形式のグリッドビュー

グリッドビューでは、メディア一覧がグリッド(格子状)形式で表示されます

▲ 格子状にメディアが表示される「グリッドビュー」

表示されている画像や動画ファイルをクリックすると、メディアの詳細を確認することができます。

一覧形式のリストビュー

リストビューでは、メディアが一覧形式で表示されます

▲ 一覧形式でメディアが表示される「リストビュー」

リストビューでは、各ファイルに①〜⑤までの情報が表示されています。

それぞれの項目の詳細を見ていきましょう。

① メディアのタイトルとファイル名

「ファイル」にはメディアのタイトルとファイル名が表示されています。

メディアのタイトルをクリックすると、メディアの編集画面が表示されます。

② メディアの作成者

「作成者」には、メディアの作成者が表示されています。

作成者名のリンクをクリックすると、作成者別のメディア一覧が表示されます。

③ メディアのアップロード先

「アップロード先」では、メディアのアップロード先の「投稿」や「固定ページ」のタイトルが表示されています。

アップロード先がないメディアには(未使用)と表示されます。

投稿に添付をクリックして、メディアを投稿や固定ページに添付することができます。

④ メディアへのコメント数

(吹き出し)マークでは、メディアへのコメント数が表示されています。

各メディアの吹き出しをクリックすることでコメントを編集できます。

④ メディアがアップロードされた日付

「日付」には、メディアがアップロードされた日付が表示されています。

表示形式を切り替える

表示形式は、メディア一覧上に表示されている(グリッドビュー)または(リストビュー)をクリックすることで切り替えができます。

使いやすい表示形式を選択していただいて問題ないでしょう。

次のレッスンへメディアライブラリにメディアを追加する

「WordPress初心者入門」のトップへ

WordPressの基礎を体系的に学びたい方のために

WordPressの基礎を体系的に学習したい方向けの著書が発売になります。

本書の手順に沿ってサイトを作成していただくだけで、WordPressの操作方法やサイト作成の基礎を学べる構成になっています。

これからWordPressでサイト作成を始めようと考えているけど、何から始めれば良いか迷っている。

本書はそんな方のための一冊です。

ぜひお手にとってご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク