文字を見出しに変更する

この記事は最終更新日から189日経過しています。

前回のレッスン文字の色を変更する

ビジュアルエディタのツールバーを使用して、見出しを作成します。

見出しを使用することで、記事や文章の構成を明確にし、読みやすい記事を作成することができます。

この記事では、ビジュアルエディタで文字を見出しに変更する方法についてご紹介します。

image

はじめに「見出し」について簡単に説明していますので、説明が不要な方は「文字を見出しに変更する」からご覧ください。

スポンサーリンク




見出しとは

「見出し」は、新聞や雑誌などの見出しと同じように、記事や文章の内容をひと言で表したものを、その記事や文章の前に見やすく設置したものです。

当ブログでは、次のような見出しを使って記事を構成しています。

▲ 見出しの使用例

見出しのデザインはテーマによっても異なります。

当ブログでは、見出しは次のようにデザインしています。

▲ 見出し1〜6のデザイン

見出しの1〜6という数字は、HTMLでの見出しの優先順位を表しています。

見出しのデザインが異なるのは、見出しの優先順位が異なるためです。

image

もちろん、見出しの1〜6をすべて同じデザインにしても問題ありません。ですが、それだと読者にとっては構成が分かりづらい記事になってしまいます。
見やすい記事にするためにも、見出しごとにデザインを分けるようにしましょう。

「見出し1」は記事の中でも、もっとも重要度の高い見出しとして、主に記事のタイトルに用いられるのが一般的です。

そのため「見出し1」は、1つの記事の中に1度のみ使用するのが慣例となっています。

「見出し2」から「見出し6」は、2⇒6の順番に見出しの重要度が下がります

「見出し2」から「見出し6」は記事の中で、何度でも使用できます。

ビジュアルエディタを使用することで、上図のような見出し1〜6を簡単に設置することができます。

文字を見出しに変更する

ビジュアルエディタで文字を見出しに変更する方法です。

見出しにしたい文字を選択します。

段落の右のをクリックします。

ドロップダウンメニューが表示されます。

見出し1を選択します。

選択した見出しが文字に反映されていることを確認します。

見出し2〜6も、同じ手順で作成することができます。

image

上図の見出し例では、当ブログのテーマ「Simplicity」テーマではなく、WordPressの標準テーマ「Twenty Seventeen」を使用しています。そのため見出しのデザインが当ブログのものと少し異なっています。

サイトの記事内でも、見出しが作成できていることを確認します。

文字の見出しを解除する

設定した見出しは解除することもできます。

見出しを解除したい文字を選択します。

見出し1の右のをクリックします。

image

見出し1は選択した文字に適用されている見出し番号によって変わります。たとえば、選択した文字に「見出し2」が適用されている時は見出し2と表示されています。

ドロップダウンメニューが表示されます。

段落を選択します。

選択した文字の見出しが解除されていることを確認します。

次のレッスンへリスト(箇条書き)を作成する

「WordPress初心者入門」のトップへ

WordPressの基礎を体系的に学びたい方のために

WordPressの基礎を体系的に学習したい方向けの著書が発売になります。

本書の手順に沿ってサイトを作成していただくだけで、WordPressの操作方法やサイト作成の基礎を学べる構成になっています。

これからWordPressでサイト作成を始めようと考えているけど、何から始めれば良いか迷っている。

本書はそんな方のための一冊です。

ぜひお手にとってご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク