画像をトリミング(切り抜き)する

この記事は最終更新日から166日経過しています。

前回のレッスン画像の縮尺を変更する

メディアライブラリでは、画像のトリミングもできます。

トリミングとは、画像全体から一定の範囲のみを切り抜いて加工することをいいます。

サムネイル画像の特定部分を切り抜いて表示させたい時などに便利な機能です。

この記事では、メディアライブラリで画像をトリミングする方法についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク




画像をトリミングする

画像をトリミングします。

画像の編集画面を開く」の手順で画像の編集画面を開きます。

image

リストビューから編集する場合には「メディアを編集」画面を開いて編集しましょう。ここでは「添付ファイルの詳細」画面でご説明します。

画像にカーソルを合わせて、トリミングしたい範囲を選択します。

画像の上に表示されている をクリックします。

切り抜いた範囲で、画像が再表示されます。

保存ボタンをクリックします。

image

画像の編集をサムネイルにのみ適用する場合には、「画像の編集の適用範囲を指定する」で適用範囲を指定した後に保存してください。

メディアライブラリや記事内で、画像がトリミングされていることを確認しましょう。

▲ メディアライブラリでの画像の表示
▲ 記事内での画像の表示

トリミングの範囲を細かく指定する

トリミングの範囲を、数値で細かく指定することもできます。

画像の編集画面を開いて、トリミングしたい範囲を選択します。

範囲を選択した状態のまま、画面右の「画像のトリミング」で数値を指定していきます。

画像のトリミング選択範囲に表示されている数値を変更します。数値は × 高さの順で指定できます。

数値を変更すると、画像のトリミング範囲も同時に変更されます。

選択範囲を指定したら、画像の上に表示されている をクリックします。

切り抜いた範囲で、画像が再表示されます。

保存ボタンをクリックします。

再度「添付ファイルの詳細」または「メディアを編集」画面を開いて、画像がトリミングされていることやトリミングされたサイズを確認しましょう。

image

画像の縦横比調整のため、トリミングした画像のサイズが指定のサイズよりも1px小さく表示されることがあります。気になる方は少し大きめに範囲を指定していただくのが良いでしょう。

縦横比を指定してトリミングする

画像は、事前に縦横比を指定してトリミングすることができます。

画像の編集画面を開く」の手順で画像の編集画面を開きます。

画面右の「画像のトリミング」で縦横比を指定していきます。

画像のトリミング縦横比を指定します。

ここでは、わかりやすく横5:縦1の比率を指定しています。

指定した縦横比で、トリミングしたい範囲を選択します。

画像にカーソルを合わせて、シフトキーを押しながらトリミングしたい範囲を選択します

image

シフトキーを押さずに選択すると通常の範囲選択になります。縦横比を指定してトリミングしたい場合には、必ずシフトキーを押して選択しましょう。

画像の上に表示されている をクリックします。

切り抜いた範囲で、画像が再表示されます。

保存ボタンをクリックします。

再度「添付ファイルの詳細」または「メディアを編集」画面を開いて、画像がトリミングされていることを確認しましょう。

次のレッスンへ画像の編集の適用範囲を指定する

「WordPress初心者入門」のトップへ

WordPressの基礎を体系的に学びたい方のために

WordPressの基礎を体系的に学習したい方向けの著書が発売になります。

本書の手順に沿ってサイトを作成していただくだけで、WordPressの操作方法やサイト作成の基礎を学べる構成になっています。

これからWordPressでサイト作成を始めようと考えているけど、何から始めれば良いか迷っている。

本書はそんな方のための一冊です。

ぜひお手にとってご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク