CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)とは?

前回のレッスンWordPressとは?- WordPressのメリットとデメリット

WordPressはCMSと呼ばれるシステムの一つでもあります。

CMSを利用することで、Webサイトの更新や管理の手間を省力化したり、効率化することができます。

この記事では、CMSの仕組みやメリット・デメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク




CMSとは?

CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)とは、HTMLやCSSなどの知識を必要とせずにサイトのコンテンツを更新・管理できるツールのことです。

「サイトのコンテンツ」には、Webサイトに必要なテキストや画像・動画・ソースコード(HTMLやプログラムのコード)が含まれます。

CMSを使用しない通常のWebサイト制作では、コンテンツを作成する時にもHTMLの中にコンテンツ(テキスト)を記述していかなければなりません。

そのため、HTMLやCSSの知識を持たない方にとっては通常の方法は簡単に「Webサイトを構築してみよう」と思えるようなものではないのです。

CMSを導入することで、ソースコードとコンテンツを分けて管理することができ、専門知識を持たない人でも手軽にWebサイトを制作することができます。

image

CMSではコンテンツ(記事)をWordのように入力するだけで公開することができますので、HTMLやCSSの知識がなくてもサイトを公開できるんですね。

CMSの仕組み

従来のWeb制作とCMSの違いについて、より具体的に見てみましょう。

一般的なWeb制作では、

・PCでHMTLファイルを作成する
・各ページを構成する(つなげる)
・制作したページをサーバーにアップロードする

といった流れが必要になります。

● 一般的なサイトの作成・公開の流れ

一方、CMSはサーバーにインストールして使用するものが一般的で、コンテンツの制作そのものはウェブブラウザ(Internet ExplorerやGoogle Chromeなど)からすべておこなうことができます。

そのため、制作したページをアップロードするという手間がありません。

また、編集画面からコンテンツを投稿すればすぐにページに反映される仕組みになっていますので、HTMLファイルを作成する必要もありません。

● CMSを利用したサイトの作成・公開の流れ

各ページへはグローバルナビゲーション(サイト上部にあるメニュー)やサイドバーから、HTMLやCSSの知識を必要とすることなく簡単にリンクを貼る機能が用意されています。

一般的なWeb制作に必要な手間や専門知識を不要にしたものがCMSというわけです。

image

CMSを利用すればコンテンツの作成以外でも、難しい知識や煩雑な手間をかけることなくWebサイトを作成・公開できるんですね。

CMSのメリット

image

CMSは大変便利なツールですが、どのような利点があるのでしょうか?CMSのメリットを具体的に見てみましょう。

① コンテンツの公開・管理が簡単

CMSの仕組みでも触れましたが、CMSを利用すればブラウザから直接コンテンツをアップロードして公開することができます。

編集や削除もブラウザから簡単におこなえます。

わざわざPC(パソコン)内でHTMLファイルを作成して、作成したファイルをサーバーにアップロードするといった手間をかける必要がありません。

② システムを拡張できる

CMSの中には「モジュール」や「プラグイン」と呼ばれるCMS本体の機能を拡張できる仕組みがあります。

WordPressにもプラグイン機能があり、世界中のWordPressユーザーが開発したプラグインを使用してサイトにさまざまな機能を追加することができます。

③ 権限をユーザーごとに設定できる

CMSでは、ユーザーごとに権限を設定することができます。

権限を設定することで、「管理者はCMS全体の機能にアクセスできるようにし、コンテンツ作成者は記事の作成のみを許可する」というように操作に制限をかけることができます。

操作に制限をかけることで、安全性や保守性をより高めることができます。

<管理者の管理画面>
管理者はすべての機能にアクセスできる
<コンテンツ投稿者の管理画面>
投稿者は一部の機能にのみアクセスできる

④ サイト内を検索できる

CMSには、サイト内を検索できる機能が標準で備わっています。

CMSを使用しないサイトにもGoogleが提供している「Googleカスタム検索エンジン」などのツールを使用してサイト内検索機能を簡単に設置できますが、ツールを使用しない場合にはプログラミングの知識も必要になります。

CMSを利用すれば、サイト内にたくさんのコンテンツがあっても閲覧者はわざわざリンクをたどって記事を探すことなく、キーワードを直接入力して探すことができます。

⑤ SEO対策に便利

SEOとは、サイトを検索エンジンの上位に表示するためにおこなう「検索エンジン最適化」対策のことをいいます。

CMSを利用すればサイトが上位に表示されるということではありませんが、CMSにはSEOに有効な記事タイトルや記事説明文を簡単に編集できる機能があります。

WordPressでは、SEO対策のためのプラグインを使用することで個別に記事タイトルや説明文を編集することができます。

また、CMSはグローバルナビゲーションやリンク構造が最適化されている点もSEOに有利といわれています。

SEO最適化プラグイン
【All in One SEO Pack】
SEO対策プラグイン
【Yoast SEO】

⑥ 予約投稿ができる

CMSのメリットの一つとして、コンテンツの予約投稿ができることも挙げられます。

たとえば、

キャンペーンがスタートする日時に合わせてコンテンツを更新したいけれど、当日は忙しくて更新する時間がない・・・

といった場合にも、予約投稿を設定することで日時に合わせてコンテンツを公開することができます。

CMSのデメリット

image

CMSも、もちろんメリットばかりではありません。
CMSのデメリットについても見てみましょう。

① 基本操作の習得が必要

CMSにもさまざまな種類があり、管理画面の操作方法もCMSごとに異なります。

そのため、CMSを始めるにあたっては「どこからサイト名を変更できるのか」「どこから記事を作成できるのか」といった基本操作をまず覚えなければいけません。

慣れてしまえば簡単な操作なのですが、慣れないうちは少し負担に感じることもあります。

▲ WordPressの管理画面
▲ CMS「Drupal」の管理画面

② バックアップが必要

PC上でファイルを作成してサーバーにアップロードする一般的なWeb制作方法に比べて、CMSはブラウザで簡単にサイトを管理できるメリットがある一方で、何らかの原因でサーバーからCMSのデータが消失してしまった場合はデータを復旧することができなくなってしまいます。

そういった事態を避けるためには、定期的にPCやサーバー以外の場所にバックアップを保存しておかなければなりません

ですが、実はバックアップを取る手間も、WordPressではプラグインで自動化することができます。

CMSの特徴でもあるプラグインを積極的に利用すれば、より簡単にサイトを運営することもできるのです。

WordPressのバックアッププラグイン
【BackWpUp】
Drupalのバックアップモジュール
【Backup and Migrate】

③ 移行作業が発生する(移行が必要な場合)

CMSを使用せずに作成されたサイトではサーバーを引っ越すことはあっても、移行作業が必要になることはありません。

ですが、CMSではたとえば、WordPressで作成したサイトを別のCMSへ移行したいといった場合はその分だけ移行の手間が発生します。

サイトを制作する前には、どのCMSであれば長期的に更新・管理が可能なのか、しっかりと比較検討して選ぶことをおすすめします。

image

CMSを選ぶ時には「実績のあるCMSか?」「更新頻度や実現したいニーズに合致しているか?」「機能の拡張性やカスタマイズ性は十分か?」といった点を比較していただくと良いでしょう。

まとめ

CMSとは?

  • HTMLやCSSなどの知識がなくてもサイトを作成・公開できるツール
  • ソースコードとコンテンツを分けて管理することができる

CMSの仕組み

  • CMSではコンテンツの作成はウェブブラウザからおこなう
  • CMSではファイルをアップロードする必要がない
  • CMSではリンク構造が最適化される

CMSのメリット

  • コンテンツの公開・管理が簡単
  • システムを拡張できる
  • 権限をユーザーごとに設定できる
  • サイト内を検索できる
  • SEO対策に便利
  • 予約投稿ができる

CMSのデメリット

  • 基本操作の習得が必要
  • バックアップが必要
  • 移行作業が発生する(移行が必要な場合)

次のレッスンへ【図解】サーバー(Webサーバー)って何?

「WordPress初心者入門」のトップへ

調べても答えが分からない場合にはQ&Aサイト活用がおすすめです

ご自分で調べても答えが出てこない時には、Q&Aサイトを活用しましょう。

WordPressに関する質問でおすすめのQ&Aサイトはteratailです。

teratailはプログラミングに特化していますので、WordPressで難易度の高いカスタマイズに関する質問もしやすく、一般のQ&Aサイトよりも正確な回答が得やすいという特徴があります。

無料で利用ができますので、行き詰まってしまった時には利用いただいても良いでしょう。
エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク