【WordPress】リビジョンの削除とリビジョン機能の停止

前回の記事に引き続き、Wordpressを軽くするために、現在のリビジョンを全て削除し、リビジョンを保存しない設定を導入しましたので、備忘録として残します。

スポンサーリンク




リビジョンの削除

リビジョンの削除は、「Better Delete Revision」というプラグインを使用します。

参考)WordPressのリビジョンを削除してサイトを軽くしよう!

こちらのブログに詳細な手順が書かれていますので、参考にさせていただきました。

いらないリビジョンを全て削除した感じ、気持ち良いですね。

リビジョンを保存しない設定

もともとそれほどリビジョンを使った修正作業をしないので、この際リビジョンを無効にしてしまおう。ということで、リビジョンの機能を停止することにしました。

Revision Control」というプラグインを利用します。

参考)WordPressでコメントやリビジョンなどの機能を削除・停止するときに使うプラグイン5選

プラグインをインストールすると、ダッシュボードの「設定」に、「リビジョン」という項目が表示されます。

スクリーンショット 2015-12-04 1.33.26

設定画面で「投稿リビジョンを保存しない」を選択して、終わりです。簡単です。

スクリーンショット 2015-12-04 1.36.42

リビジョンを保存しない設定だけではなく、保存するリビジョンの数を指定することもできます。

スクリーンショット 2015-12-04 1.39.02

まとめ

プラグインのみで細かい設定が出来てしまうのは、本当有り難いですね。

ちなみに、Better Delete Revisionはリビジョンを削除した後は、プラグインもアンインストールしました。

なるべく軽く、遅くならないような状態を保つよう心がけたいです

Wordpressの中級者以上を目指すなら

Wordpressの中級者以上を目指すのであればオンラインスクールもおすすめです。

筆者も講師(メンター)の一人ですが、オンラインスクールの一つ「Techacademy」ではWordpressをカスタマイズするために必要なカリキュラムが用意されています。

オンラインブートキャンプ WordPressコース

Wordpressにも利用されているPHPを利用してWebアプリケーションを開発してみたい方には「PHP/Laravelコース」がおすすめです。

オンラインブートキャンプ PHP/Laravelコース
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする