【WordPress】リビジョンの削除とリビジョン機能の停止

前回のレッスンWordpress高速化の備忘録

前回の記事に引き続き、Wordpressを軽くするために、現在のリビジョンを全て削除し、リビジョンを保存しない設定を導入しましたので、備忘録として残します。

スポンサーリンク




リビジョンの削除

リビジョンの削除は、「Better Delete Revision」というプラグインを使用します。

参考)WordPressのリビジョンを削除してサイトを軽くしよう!

こちらのブログに詳細な手順が書かれていますので、参考にさせていただきました。

いらないリビジョンを全て削除した感じ、気持ち良いですね。

リビジョンを保存しない設定

もともとそれほどリビジョンを使った修正作業をしないので、この際リビジョンを無効にしてしまおう。ということで、リビジョンの機能を停止することにしました。

Revision Control」というプラグインを利用します。

プラグインをインストールすると、ダッシュボードの設定に、リビジョンという項目が表示されます。

設定画面で投稿リビジョンを保存しないを選択して、終わりです。簡単です。

リビジョンを保存しない設定だけではなく、保存するリビジョンの数を指定することもできます。

まとめ

プラグインのみで細かい設定が出来てしまうのは、本当有り難いですね。

ちなみに、Better Delete Revisionはリビジョンを削除した後は、プラグインもアンインストールしました。

なるべく軽く、遅くならないような状態を保つよう心がけたいです

次のレッスンへWP_Queryの使用例の一覧

「WordPress初心者入門」のトップへ

調べても答えが分からない場合にはQ&Aサイト活用がおすすめです

ご自分で調べても答えが出てこない時には、Q&Aサイトを活用しましょう。

WordPressに関する質問でおすすめのQ&Aサイトはteratailです。

teratailはプログラミングに特化していますので、WordPressで難易度の高いカスタマイズに関する質問もしやすく、一般のQ&Aサイトよりも正確な回答が得やすいという特徴があります。

無料で利用ができますので、行き詰まってしまった時には利用いただいても良いでしょう。
エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク